こんにちは。大福の大阪屋 大坂優子です。

いや〜、「ブログまた書くと心に決めた!!」などと大きく出ましたが、なかなかこれが…。

まぁ、自分のペースで書きますわ。

 

で、この間、粒あんは結構作るの大変なんだよ〜ってことを書きましたので今日はこしあんについて書きます。

 

勿論、こしあん作るの大変です。

でも粒あんのように一粒一粒選別する必要はありません。だって漉している間に悪い豆は弾かれていくから。

 

どうやって漉すのか?って仰ってます?

 

はいっ!!!それを今から説明していきましょう!!!!!

 

 

 

まずは小豆を洗い、柔らかくなるまで茹でます。

 

 

 

 

 

 


柔らかくなりましたら熱いうちにフードプロセッサーを使い、つぶします。熱いうちにやらないと、潰すのも漉すのも作業しずらくなるので手早くやります。


 

 

大きなボウルやたらいなどに水をはり、そこにざるを入れておき、先ほどのつぶした小豆を汁ごと入れます。

 

ザルをゆっくり、くるくる回しながら持ち上げていくとあんと皮に分かれます。

 

更に細かい目のザルで、まだ残っている皮を取り除きます。

 

 

 

 


こうして漉していきます。
あんはボウルの水の底に沈んでいます。

 

 

今度は、それを布袋に入れます。ちなみに、この布袋は手縫いです。ワタクシは縫物出来ないので母に縫ってもらってます。どーしよーもないわ(;'∀')

 

 


そして、ぎゅううう〜、ぎゅうううう〜っと絞ります。かなり力が必要です。二の腕とか背中のあたりの筋肉を使うので筋トレになるんじゃないか?と最初のうちは期待しましたが、ワタクシ大坂のお肉はいつまでたってもとれません。

 

 

ある程度絞れたら(ワタクシの体も絞れたらいいのになぁ)今度は重しなど使って残りの水を絞り切ります。

 

 

コレね、鈑金屋さんに頼んで、特別に作ってもらった道具。一生モン。名前が付いていないなぁ。

 

コレを大きなボウルの底に設置。

 

 

その上に大きく丈夫なザルを置いて、あんの袋も置く。

 

 

その上に、漬物石!

 

 

 


 

こうして絞って、袋から取り出したあんがコレ!

        ⇓ ⇓

 

 

 

 

 

 

 

鍋に水と砂糖を入れ、火にかけて、蜜を作り

 

 

あんを入れ煮詰めていきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 

こしあん作りの何が大変か?って、漉すのが大変(当たり前じゃ)。

滑らかなこしあんが出来ますように、と漉しながら念じてしまうのは癖になっちゃっています(笑)

そして、実をいうとワタクシ、大福屋をやる前は粒あん派だったのですが、今はどちらも大好きなのです。

疲れた時はこしあんが欲しくなるかなー♪

 

ってことで、今回はこしあんについて書いてみました。これもホントは何年も前に書いた記事を書き直したんですけどね(*´σー`)

次は何書こうかなー?

 

ではでは。

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

大福の大阪屋ホームページ

     ↓ ↓ 

http://www.daifuku-osakaya.com/

 


Facebook Yuko Osaka 

 ↓ ↓

https://www.facebook.com/yuko.osaka.526

 


twitter 函館・大福の大阪屋店主 大坂優子 

 ↓ ↓

https://twitter.com/daifukuosakaya

 


Instagram osaka.yuko 

 ↓ ↓

https://www.instagram.com/osaka.yuko/?hl=ja

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

お子様の一歳のお祝いの『一升餅』!!

大変喜ばれております。大阪屋では大福24個で、一升餅としてご予約承っております。

詳しくはコチラ 

 ↓ ↓

http://www.daifuku-osakaya.com/isyoumoti/index.htm

 

ハート大福で一升餅も出来ますよ。

詳しくはコチラ

 ↓ ↓

http://hakodate.daifuku-osakaya.com/?eid=318

 

 

 

 

 

 

 

こんにちは。大福の大阪屋 大坂優子です。

インフルエンザが流行ってますねー。小学一年生の娘がおりますので、ワタクシも気を付けなくては。

 

そうそう。娘が小学校に上がってもう大分経ちました。あっと言う間ですね。

昔の人間なので「子供が小学校に上がると親は楽になる」というイメージを抱いていたのですが、どーいうワケか全然楽にならない。

っていうか、保育園時代より余程大変な毎日(汗)

しかし何がそんなに大変なのかもよくワカカラナイ…

昨年、父が亡くなったということも大変な要因だったのかも知れません。

 

最近それでもようやく、ほんの少しだけ色々考えられるようになりました。

そこで休止状態に近かったブログを、また書き始めよう!と心に決めました。

 

新しく大阪屋を知ってくれた方々も多いですしね。

ブログ、最初のうちは毎日書いてたんですけどね(;'∀')

どこまで続くかしら〜。

 

ということで、まずは今日、粒あんの事から書こうと思います。

前の記事のリライトになりますけどね。

 




粒あんを小分けにして冷ましているところです。

ウチの大福は手作りですので、餡も一から厨房で作っています。(当たり前と言えばそうなのですが)

粒あんとこしあんがあります。

粒あんというものは、こしあんより簡単に作れそうと思われがちですが、そんな事は全然ありません。かなり手間ひまかかります、少なくとも大福の大阪屋では。
なぜかって?


まずですね、小豆を一粒一粒選別するんです。

小豆屋さんは選別して磨いてキレイなものを持ってきてくれますが、それでも、どうしても悪いものが入ってます。

だから、ダメなモノをはじきます。



こうして、少しずつお盆に広げ、悪い小豆をはじいていきます。

 

どうしてそこまでするかと言うと、こしあんと言うのは、こしている作業中に悪いものは黙っててもはじかれていきますが粒あんはそういうワケにはいきません。悪いものが入っていると例えば口に入れたとき「ガリッ!」とかいう、何とも言えないヒドイ食感になったりします。または、味が全然しみていないものが含まれていたりします。

 

「さあ〜、大福食―べよ♪あーん!」とお口に入れてかじった時、その大福の餡がそんな変な粒あんだったらホント、ガッカリです。

ですからこの作業は、絶対にやらなきゃならないんです、ワタクシの中では!

 



ってなワケで、張り切って選別を始めるんですが、これ、かなり地道で地味で気の遠くなる作業です。
この作業中は、まあ頭の中で色々なことを考えます。

こんな具合です。

「また、だんだん寒くなってきたな〜」

「いやでも呑気にしてると、あっという間に春になっちゃうな〜」

「春か、淳(娘です)の着るもの大丈夫か?」

「あ、ちょっと待てよ。着るものだけじゃなく、靴はどうだ?去年のはもう小さくないか?買わなきゃ!」
「靴だけじゃなく下着も水着もだわ。お金かかるな〜」

「私の服はどうなっているんだろう、みすぼらしいモノしかないなあ〜」
「そういえば若い頃は洋服やら服飾雑貨、よく買ってたな〜」

「いや〜若い頃は良かったな〜」
と寒いことから若い頃のことまでに考えが及んで、はっと我に返り「いかん、いかん!」と思うわけです💧

(とか言って、最近はほぼスタッフにこの作業やってもらってますが💦)

そうこうしてるうちに選別も終わり、次は小豆を洗い、火にかけます。
アクが結構強いので、水を数回取り替えます。

そして柔らかくなるまで、じっくり弱火で煮ていきます。豆が踊らないくらいのごく弱火で時間をかけて煮ます。

豆が柔らかくなったら砂糖を入れて、煮立ったらまた弱火。
するとアクが出てくるので丁寧に取ります。これも何度か繰り返します。




そしてまた弱火でじっくりじっくり、時間をかけて煮詰めていきます。
このとき、小豆のつぶつぶ感をある程度残したいので混ぜすぎないように、だけど焦がさないように注意して煮詰めます。
これもまた時間がかかり非常に地道な作業です。

 

まあ、ウチのは「粒あん」というより「つぶしあん」ですね。


こんな風にしてじっくりコトコト小豆と向き合いながら、自分とも向き合い美味しい粒あんを作っているのであります!

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

大福の大阪屋ホームページ

     ↓ ↓ 

http://www.daifuku-osakaya.com/

 


Facebook Yuko Osaka 

 ↓ ↓

https://www.facebook.com/yuko.osaka.526

 


twitter 函館・大福の大阪屋店主 大坂優子 

 ↓ ↓

https://twitter.com/daifukuosakaya

 


Instagram osaka.yuko 

 ↓ ↓

https://www.instagram.com/osaka.yuko/?hl=ja

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

お子様の一歳のお祝いの『一升餅』!!

大変喜ばれております。大阪屋では大福24個で、一升餅としてご予約承っております。

詳しくはコチラ 

 ↓ ↓

http://www.daifuku-osakaya.com/isyoumoti/index.htm

 

ハート大福で一升餅も出来ますよ。

詳しくはコチラ

 ↓ ↓

http://hakodate.daifuku-osakaya.com/?eid=318

 

こんにちは。大福の大阪屋 大坂優子です。

 

実を言いますと、本日「玄米餅大福」を販売いたしております!

その名の通り、玄米のままのもち米をお餅にして、あんこをくるんだ商品♪

 

これがね、プチプチっとした食感で歯ごたえがあり、香ばしくって激ウマなんです。

勿論、健康にもいいかと期待しております。

 

 

 

 

 

砂糖も、甜菜糖を使い、お餅とあんこに混ぜている塩も自然塩。

微々たるものではあるかもしれませんが、血糖値も上がりにくいのではないか…とも思っておりまーす。

 

次回はいつ作ろうか、未定ですが、その時は前もってお知らせしますね。

今日は、売れないだろうな~、とお試し感覚で30個作ってお店に並べましたが、もう残り数個しかありません。

 

 

 

 

驚き〜!

嬉しい〜!!

 

ではでは。

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

大福の大阪屋ホームページ

     ↓ ↓ 

http://www.daifuku-osakaya.com/

 


Facebook Yuko Osaka 

 ↓ ↓

https://www.facebook.com/yuko.osaka.526

 


twitter 函館・大福の大阪屋店主 大坂優子 

 ↓ ↓

https://twitter.com/daifukuosakaya

 


Instagram osaka.yuko 

 ↓ ↓

https://www.instagram.com/osaka.yuko/?hl=ja

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

お子様の一歳のお祝いの『一升餅』!!

大変喜ばれております。大阪屋では大福20個で、一升餅としてご予約承っております。

詳しくはコチラ 

 ↓ ↓

http://www.daifuku-osakaya.com/isyoumoti/index.htm

 

ハート大福で一升餅も出来ますよ。

詳しくはコチラ

 ↓ ↓

http://hakodate.daifuku-osakaya.com/?eid=318

 

 

 

 

 

こんにちは!大福の大阪屋 大坂優子です。

昨日のブログの続きです♪

大福を冷凍保存できるっていう件。

 

 

大阪屋の大福は、その日限りにお召し上がりください、ということを昨日の記事に書きました。

 

しかしながら、一度に沢山の大福(しかも全部自家用!)を買っていかれるお客様が割と多く、いらっしゃいます。

「ウチ、遠いからまとめて買っておくの〜」と言いながら。ありがたい!!

 

そんなお客様は、お家に帰ってすぐに、その日に食べない分の大福を冷凍されます。

なるべく冷凍庫内で、大福を散らして(ひとまとめにしないで)保存するんです。

 

 

 

こちらは、カッチコチに凍らせた草大福♪

 

そして、食べる日。

2〜3時間前には、その日食べる大福を冷凍庫から取り出し、解凍してお召し上がりになります。

 

 

 

このような可愛い「美味しい食べ方」のリーフレットもあります♪

 

 

上のリーフレットにもあるように、自然解凍で元の柔らかさに戻りますが、「あと、ほんの、もうちょっとだけ柔らかくしたいなぁ」という時は袋のまま、ほんのちょっとだけ(5〜10秒程度)電子レンジにかける、という方法もあります。

レンジの機種などにもよりますので、様子を見ながらやってみて下さい!

電子レンジ、失敗して長くかけすぎると、お餅が爆発(笑)したりっていう事もありますが、成功すると、アラ不思議!

まるで、つきたてのような柔らかさのお餅になります。

 

 

冷凍庫内で散らして保存してください、と書いたのは、まとめて庫内に置くと、冷凍されずらくなってしまうから。

お餅は時間をかけて冷えるに従って固くなるので、なるべくなら急速冷凍のように、短時間で凍るのがベストです。

そうすると質が下がらないので、解凍したときも冷凍した時点の柔らかさに戻ります!

 

 

万が一、解凍して固かった!とか、冷凍せず一夜を明かしてしまった!とかで固くて食べられない場合は、網やトースターで焼いて食べるのも、これまた良いモノですけどね!

 

 

 

 

こちらの焼いたモノは、胡麻大福とくるみ大福♪

 

 

 

ってことで、また書きますよ〜。お付き合いくださいませ!!

 

 

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

大福の大阪屋ホームページ

     ↓ ↓ 

http://www.daifuku-osakaya.com/

 


Facebook Yuko Osaka 

 ↓ ↓

https://www.facebook.com/yuko.osaka.526

 


twitter 函館・大福の大阪屋店主 大坂優子 

 ↓ ↓

https://twitter.com/daifukuosakaya

 


Instagram osaka.yuko 

 ↓ ↓

https://www.instagram.com/osaka.yuko/?hl=ja

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

お子様の一歳のお祝いの『一升餅』!!

大変喜ばれております。大阪屋では大福20個で、一升餅としてご予約承っております。

詳しくはコチラ 

 ↓ ↓

http://www.daifuku-osakaya.com/isyoumoti/index.htm

 

ハート大福で一升餅も出来ますよ。

詳しくはコチラ

 ↓ ↓

http://hakodate.daifuku-osakaya.com/?eid=318

 

 

 

 

 

 

 

 

こんにちは。

大福の大阪屋 大坂優子です。

 

最近、また多くのお客様に「この大福、どの位もつの?」と聞かれます。

新しいお客様が多くなってるってことかしら?ありがたいことでございます。

 

 

 

 

 

 

はい。

ウチの大福の賞味期限は一日限りです。

なぜなら、お餅の混ぜ物をしていないから。

 

混ぜ物とは何か?

例えば、うるち米の粉。あるいは餅米の粉。

それから、砂糖。

あとは、相当な量の水またはお湯を、お餅をつきながら足す。

 

上記のようなモノを混ぜたり、やったりすると、すごーく柔らかい仕上がりになって、明日になっても明後日になっても柔らかさを保ちます。

 

だけどねえ…

もっちり感も損なわれ、コシもありゃしない。

美味しくないと否定する気はありません(ってか、してる?笑)それには、それの良さがあると思います。

ただワタクシは、もち米を蒸して塩を入れて搗いた、もっちもちの、コシのあるお餅が美味しいと思うのです。

 

 

 

 

 

そんなワケで、たった一日限りの儚い命のお餅ですが、そのやり方だけは変えません。

これを喜んで下さるお客様、たっくさん、いらっしゃいますから!!

 

ってことで、冒頭のご質問の答えは「今日中にお召し上がりください。」なのです。

 

あ!冷凍も出来ます。

それについては、また次回のブログに〜。

 

 

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

大福の大阪屋ホームページ

     ↓ ↓ 

http://www.daifuku-osakaya.com/

 


Facebook Yuko Osaka 

 ↓ ↓

https://www.facebook.com/yuko.osaka.526

 


twitter 函館・大福の大阪屋店主 大坂優子 

 ↓ ↓

https://twitter.com/daifukuosakaya

 


Instagram osaka.yuko 

 ↓ ↓

https://www.instagram.com/osaka.yuko/?hl=ja

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

お子様の一歳のお祝いの『一升餅』!!

大変喜ばれております。大阪屋では大福20個で、一升餅としてご予約承っております。

詳しくはコチラ 

 ↓ ↓

http://www.daifuku-osakaya.com/isyoumoti/index.htm

 

ハート大福で一升餅も出来ますよ。

詳しくはコチラ

 ↓ ↓

http://hakodate.daifuku-osakaya.com/?eid=318

 

 

 

 

 


Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>

Archive

Selected Entry

Link

Profile

Search

Mobile

qrcode

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM