就寝時、娘に「はるとあき」を読んでもらった。

図書館で私が選んで借りてきた絵本。

娘は先に読んでいたみたいで「これ、面白かった」と教えてくれた。

で、私が「じゃあ、今晩ママに読んで聞かせて欲しいなぁ」「うん!いいよ!」ということになったのだ。

 

 

娘と布団に潜り込んで、さぁ読み聞かせの始まり始まり。

聞きながら最初は「わぁ、面白いなぁ、はる(春)とあき(秋)で文通するなんて!どうやったらこんな面白い発想が出来るんだろう」などと思っていた。だけど、物語の中盤、何だかちょっと寂しげな感じ。

それが、本当に寂しい展開になっていく。

でもちょっと驚いたのは、その展開に入る前から丁寧に丁寧に寂しさへと聞く・読む者を誘っている表現がなされていること。

 

途中、「はる」の気持ちにあまりに共感して、今度は涙がポロリポロリと二粒私の目から流れてきた。

我が娘が読んでくれている、とても可愛らしい声で(親バカ)。そんな状況と相まって、感情が高ぶったのかもしれない(笑)

娘に気付かれたら恥ずかしい、と心のなかで慌てていた。

 

ハッと思ったことが二つあった。

一つは「はる」の思考って私にそっくり。疑心暗鬼で、自信が無くて。

彼女は「あき」が自分と文通しても楽しくないんじゃないか、なんて思ってしまう。

そんなとこ、私みたい。

ちょっと待って、私は4月生まれ。

お話の中で「ふゆ」が「はる」にこう言う。

「あら きづいてなかったの あなたたち(はるとあきの事)そっくりよ 

 あつすぎないし さむすぎなくて とても やさしい きせつ」

そうだ、私の名前は優しい子と書く。両親が読んで字の如く、その通りになって欲しいと名付けてくれた名前だ。

今度は私が生まれた時の両親の気持ちなどに思いを馳せた。

そして「だから…」と思った。

だから、などと言ってもワタクシなど全く優しさとかけ離れる時もある。本当の意味での優しさなど、私は持ち合わせていないんじゃないか、などと恐ろしくなる時さえある。

いいや、でも私と言う人間は優しさがベースになっている…はずだ…と思いたい。いや、そうでありたい、それを目指し続けると思う。

 

そしてもう一つ気付いたこと。

今さら、気づいた。娘が赤ちゃんの頃から散々読み聞かせてきたのに。

でも娘に読んでもらって気付いた。

私が絵本が好きなのは、勿論絵本自体も大好きだが、読み聞かせが好きなのだ。なぜなら、娘と一緒に一つの作品に触れて気持ちを共有する。わぁ!とかおもしろーい!とかえぇ!?悲しいね、とか。

新しい物語の表紙を開くときのワクワク感。閉じた時の「あぁ、面白かったねぇ!」という満足感。

それを私と娘で共有出来る、こんなに楽しく素敵なことはない。

 

昨夜はなんだか本当に色んな感動があって、素晴らしい夜であった。

 

こんにちは。大福の大阪屋 大坂優子です。

いやー、今日は肩が痛くて体を曲げられない。まだ6歳の娘がピッタリくっついて寝るからなのですよね。

首が回らない大坂です!借金とかじゃないです!(笑)今日は力仕事は控えてます!!

「大福屋さんで力使うお仕事なんてあるんですか?」とか聞かれますが、使うんですよ〜。

 

娘を育てるってことについて、無い頭でごちゃごちゃ考える癖のあるワタクシは、やっぱりごちゃごちゃ考えます。

今日みたいに肩が痛いとなると「こんなに体が疲れていてボロボロで、休む時間も無くてどーすりゃいーんだ」と、まず考える。

 

そこから、まあごちゃごちゃ考え出すワケです。

 

でもねえ、鮭なんてどうする?産卵したら死んでしまう。

親、特に母親っていうのは、そういうものだ。産んだ時点で体の各機能は衰えている。急速に老い、死に向かっている。ワタクシのように高齢に近い年齢で産んだのなら尚更だ。

子供を産み育てるってことは体が弱って当然。

若い頃のように自分を意識的に磨いて(特に外見)、自分の好きなことで充実した時間を過ごし悦に入る、なーんてことはお門違いも甚だしい。

というか、そんなことをしたところで自分自身が喜ぶかと言えば、全然そんなことはあり得ないだろうというのは、考えなくても簡単に想像がつく…。


文章に書くとこんな感じになりますが、頭の中では、もっともっと色々考えます。

「その考える時間、他に使えーーー!!!」ってくらいに。

 

 

そんな中、昨日読んだ絵本は、まあ心をググ〜っと動かされました。

簡単に言うと号泣した、という事です。読んでる途中で娘が寝てしまったのでね、憚りなく泣いてしまったのです。

 

【昨日読んだ絵本】
「まよなかの たんじょうかい」西本鶏介/作 渡辺有一/絵

ウチと家庭環境が非常に似ている6歳の女の子・さきちゃんの誕生日に起きた出来事を描いている絵本なのです。

さきちゃんのお父さんはいない。彼女が赤ちゃんの頃亡くなったから。
ウチの場合はそこがちょっと違うのだけど家族構成は一緒。娘、母(ワタクシ)、祖母の3人。
娘には時々父親と会わせるようにしているけど、産まれた時から一緒に住んではいない。

ページを開くと西本鶏介さんの書いた文章が。
そこに書いてありましたが、こういう現実を舞台にしたお話は生活童話と言うんだそうですね。

さきちゃんは、寂しいと思ったことは無いんです。お母さんもお祖母ちゃんも、可愛がってくれるからなんです。

ウチと似てるからなんだと思うんだけど、3人の登場人物の思いが、痛いほど胸に迫ってくる絵本です。
凄く、いい絵本です。

#えほん #絵本 #面白い絵本 #絵本読み聞かせ #読み聞かせ #picturebook #子育て #絵本記録 #絵本大好き #図書館絵本 #読み聞かせは質より量 #生活童話 #西本鶏介 #渡辺有一 #絵本好きな人と繋がりたい #函館#大福の大阪屋

インスタに投稿した写真と文章なんだけど、連携がうまくいかないのか埋め込めない💦コピーして貼り付けた〜💧

 

 

 

いくら子供を産んでカッスカスの体とは言え、娘が自立するまでは長持ちさせなくては。

娘が悲しくなるような余りにもみすぼらしい母親であってはならない。

細く長く(体は太いが)やっていくためにも、自分の特に内面を磨く時間も作らなくちゃね。

 

子育てにかこつけて、どうでもよくなっている自分を反省させてくれた絵本でありました!

 

 

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

大福の大阪屋ホームページ

     ↓ ↓ 

http://www.daifuku-osakaya.com/

 


Facebook Yuko Osaka 

 ↓ ↓

https://www.facebook.com/yuko.osaka.526

 


twitter 函館・大福の大阪屋店主 大坂優子 

 ↓ ↓

https://twitter.com/daifukuosakaya

 


Instagram osaka.yuko 

 ↓ ↓

https://www.instagram.com/osaka.yuko/?hl=ja

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

お子様の一歳のお祝いの『一升餅』!!

大変喜ばれております。大阪屋では大福24個で、一升餅としてご予約承っております。

詳しくはコチラ 

 ↓ ↓

http://www.daifuku-osakaya.com/isyoumoti/index.htm

 

ハート大福で一升餅も出来ますよ。

詳しくはコチラ

 ↓ ↓

http://hakodate.daifuku-osakaya.com/?eid=318

こんばんは。

大福の大阪屋 大坂優子です。

 

相変わらず夜の読み聞かせは続いております。って突然いうのも、ちょっと自分のブログを見ていたら、3年前に書き始めて、どうやらその頃から娘への読み聞かせも始めていたので、あーそーっだったよなーって。

目的は

親子のコミュニケーション

…とか言えばホンワカいい感じだが、そういうことを言うのは苦手なワタクシ。

 

正直、一番の目的は娘の語彙力を強くしたい。

苦労なく勉強が出来るようになってほしい。

本を読むことは、本当に凄い力になるし、自分自身の考えというものを持てるようになるためにも必要な力がつくはずだと思うので、とにかく本を読む人になって欲しい。

 

本当にねぇ、

誰かに言われたから私もこうする、とか

こう教わったから、こうあるべきだ、とか

皆がやっているから私も外れないようやろう、とか

そういう、つまらん人生じゃなく、自分自身の楽しく輝かしい人生を送って欲しいのですよ。

 

って久しぶりにいきなり書いて熱く語って、一体何なんだ、どーしたんだ大福屋のオバチャンは。

 

しかしながら親が選んだ本は読みたくないようです、最近の娘。

素敵だなとか、いいお話だなとか、素晴らしい絵だな、とかワタクシが思って選んだ絵本は読みたがらず、最近は「おしりたんてい」とか「かいけつゾロリ」が大好きなようで、読み聞かせには向かない音読しずらい作品なのに読め、と命令してきます。

まあ、面白いからいいけど。

 

 

そんな中でも、昨日はこの絵本読みました。

 

【昨日読んだ絵本】
「ワニのワッフルケーキやさん ワニッフル」谷口智則
すっごく可愛い絵本だなぁ。
表紙でもう、ワクワクしちゃうしね。
ページを開いて読み進めていくと、それはもう本当に可愛いお話なのだ。
恋したくなっちゃうお話だよ。
あ、私はシングルだから恋しても全然構わないの、誰にも文句言われない。
でも悲しいことに、その能力が無くなっているのさ(涙)
でも、そんなこと言わず、この可愛い絵本を更に何度も読んで恋する能力を復活させたいと思うのだ!
マジだよ(笑)
#えほん #絵本 #面白い絵本 #絵本読み聞かせ #読み聞かせ #picturebook #子育て #絵本記録 #絵本大好き #図書館絵本 #読み聞かせは質より量 #函館 #大福の大阪屋

 

 

(写真のキャプションはインスタに載せた通り)

 

 

ではでは、また書くわっ!!

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

大福の大阪屋ホームページ

     ↓ ↓ 

http://www.daifuku-osakaya.com/

 


Facebook Yuko Osaka 

 ↓ ↓

https://www.facebook.com/yuko.osaka.526

 


twitter 函館・大福の大阪屋店主 大坂優子 

 ↓ ↓

https://twitter.com/daifukuosakaya

 


Instagram osaka.yuko 

 ↓ ↓

https://www.instagram.com/osaka.yuko/?hl=ja

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

お子様の一歳のお祝いの『一升餅』!!

大変喜ばれております。大阪屋では大福20個で、一升餅としてご予約承っております。

詳しくはコチラ 

 ↓ ↓

http://www.daifuku-osakaya.com/isyoumoti/index.htm

 

ハート大福で一升餅も出来ますよ。

詳しくはコチラ

 ↓ ↓

http://hakodate.daifuku-osakaya.com/?eid=318

 

 

 

 

 

 

 

いや〜、調子よく書いてたブログも、やっぱり空いちゃいましたねぇ、前回からの更新日が。

バタバタし出すと、こうなっちゃいますが、本当は書くのが好きで、今度のブログはこんなことを書こう!と頭の中では常に思っているんですけどね。

 

しかし娘への読み聞かせだけは、ほぼ欠かしていません。

小さい子供には、絵本読み聞かせと冷水かぶりを、と日々提唱している(って程でもない💦)大福の大阪屋 大坂優子です。

 

はい、そうです、毎日3冊ほど読むのは、まだ続いていますよ。

最近ではこんな楽しい本とか。


これは子供が笑える絵本。
私は、どうやったら娘がもっと笑ってくれるか、と考えながら読みます。
よく、淡々と読むのがいい、とかモノの本に書いてますが、そんな指図はいらないと思う。
その親子それぞれに、楽しめる方法で読むのが一番です。
演技しながら読むのも良し。淡々と読むのも、これまた良し。

 

 

 

こちらは1969年に描かれたロングセラーな作品。


いや〜、可愛い絵本ですねぇ。
有名な本だけど、読んだ記憶がなぜかあまり無い。
だから、きっと今が私にとって手に取る時期だったんだろうな〜と思います。

 

 

 

そして先日の文化の日。

そんな日にぴったりの絵本を読みました。

ぼくは、ブルーノ。
素晴らしい絵本です。
また、長きにわたって繰り返し読み聞かせたい、自分も読みたい絵本に出会いました。
ほとんど選ばす、目についた本を片っ端から借りて来るので、こんな出会いは、私的絵本読み聞かせの醍醐味です。
是非、読んでみて。

 

何度かこのブログに書いていますが、小さいうちは絵本は良いものを、なんて選ぶ必要ないと思います。

そんな暇があったら、一日に何冊でも沢山読んだ方がいい。

 

なぜ、そんなに読み聞かせにこだわるのか。

正直な話、始めたとき持っていたのは、ちょっと純粋なものとは言えない理由でした。

絵本を読み聞かせれば、子供が就学したあと学力に違いが出てくると聞いたので。

 

やっぱり親なので、子供がお勉強出来たり視野が広い人になれればいいなぁ、と単純に思います。

しかし、ワタクシはシングルマザーなもんでして、イマドキの親御さんのように沢山習い事させたり塾へ通わせたりは出来ないだろうなぁ、と結構な不安を覚えております。娘の父親からは一銭の援助も無いので、経済的不安がつきまといます。それに片親、という理由で娘に満足に学ぶための協力をしたあげられないのは絶対に嫌だ。

 

だから、その話を聞いて読み聞かせをしよう、と思ったのですが、最初のうちはワケもわからず数冊の絵本を買ってきて繰り返し読んでました。

勿論、繰り返し読むのもいいんですが、やはり飽きる!

それに、ネットでは絵本読み聞かせが、どうして良いのか、という情報が検索すれば沢山出てきます。

色々なサイトを見たりすうちに、どんどん読み聞かせはワタクシにとって義務であって必要不可欠なものだ、と思うようになりました。

更に読み聞かせるうちに、物凄く楽しいものになってきて、ワタクシ達親子にとって無くてはならないものになりました。

だって、娘はワタクシと一緒にいる時間より保育園にいる時間の方が長いのですから。しかも生後3か月から。

 

だから今現在続けている理由は、ありきたりな言葉でいうと「親子の大切な時間」です。図書館からワタクシと娘のカードで合計20冊借りてきて、寝る前に布団の中で一緒に読む時間。

だいたい、蓋を開けてみないことには本当に学習能力に違いが出るのかどうかなんて分からないですよね、いくら読み聞かせたって。子供が読書するようになるかどうかも、分からないことだし。

でも、これだけは、満足なゴハンを食べることが出来なかろうと、本当はもっと商売に力を入れたいのにそのための時間を多少削ろうとも、子供が小さいうちだけは必ず持ちたい時間なんです、ワタクシにとって。

ちょっと、ネガティブで不純な動機でありましたが、いーんです、今本当に宝物のような時間になっているから。

 

とか言って、読み聞かせている間にワタクシが寝てしまって、娘がしくしく泣いている、なんて日が未だに多いんですけどね〜💧

そんなのも全部、ワタクシにとっては宝石のようなものです。

 

という、私にとって大切な時間の話でありました。

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

大福の大阪屋ホームページ

     ↓ ↓ 

http://www.daifuku-osakaya.com/

 


Facebook Yuko Osaka 

 ↓ ↓

https://www.facebook.com/yuko.osaka.526

 


twitter 函館・大福の大阪屋店主 大坂優子 

 ↓ ↓

https://twitter.com/daifukuosakaya

 


Instagram osaka.yuko 

 ↓ ↓

https://www.instagram.com/osaka.yuko/?hl=ja

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

お子様の一歳のお祝いの『一升餅』!!

大変喜ばれております。大阪屋では大福20個で、一升餅としてご予約承っております。

詳しくはコチラ 

 ↓ ↓

http://www.daifuku-osakaya.com/isyoumoti/index.htm

 

 

 

 

 

 

 

 

寒いですねぇ。
今朝はストーブにかじりついておりました。

こんにちは。大福の大阪屋 大坂優子です。

以前お知らせしておりました通り、本日お店はお休みとなっております。
どうぞよろしくお願いいたします。

 

毎週日曜日の他に月2~3回程お休みしておりますが、平日のお休みは勿論休むのではなく普段間に合わない仕込み他のお仕事しております。

諸々の事情で、こうするより他、方法がないので、お客様にはご迷惑おかけすることもありますが、ご了承くださいませ。

 

で、娘を保育園に送って行って銀行などへと車を走らせておりましたら、5号線が凄い渋滞。

その間、車の中で、なんだか物悲しいような不思議な気持ちになってしまった。

寒いからでしょうかね、これから冬に向かっているから。

 

そんな寒ーい昨夜、お月見した後、読んだ絵本はコチラ。

「あいつも ともだち」
内田麟太郎 作  降矢なな 絵

 

 

冬眠の季節の本なのでね。尚更寒いよ。

でも最後は春が来て、そして泣かせるあったか〜い絵本だったよ。

それよりも何よりも印象に残ったのは、雪が降る音を「しののんのん しののんのん」と表現しているところ。

なんか素敵。

なんて素敵な擬音語なんでしょう。

 

「しののんのん」という語。ユニークでありながら、なんだか物悲しさも併せ持っている音のように思います。

当然、先ほどの銀行への車内で、思い出した。

余計、センチメンタルな気持ちになる。

お日様の光が降り注いでいるのが余計、物悲しさを際立たせて、色~んな過去の思い出がまざまざと脳裏をよぎる。

バックミラーの自分の顔を見ると、自分がその瞬間思っているよりも、年齢の増した女がそこいる。

突如として、だけど自然に「生きているって、どういうことなんだろう」と考えてしまう。

 

なんなんでしょうねぇ。日々の生活も。人との出会いも。

人に喜んでもらうこととか、悲しませてしまったり、怒らせてしまったり、笑わせたり。

逆に自分がしてもらう場合も。

 

冬に確実にむかっているなぁ、と思わせられる今日のような日。

絵本というのは読めば読むほど、その魅力にハマってしまうモノだなぁ、とワタクシ思ったのでありました。

 

 

 

 

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

【大福の大阪屋 営業時間のご案内】

11:00〜16:00
(喫茶室は15:30オーダーストップ)

 

☆毎週日曜日定休、その他に月に2〜4回平日にお休みしております。(ブログ、HP,SNS等でお知らせしております)
☆大福は朝1回のみ製造。売り切れ御免のスタイルとなっております。
 作るの一人でやってるモンですから〜。経営もワタクシ一人なモンですから〜。予約もできますので〜。

 どうぞご了承くださいませ〜。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

大福の大阪屋ホームページ

     ↓ ↓ 

http://www.daifuku-osakaya.com/

 


Facebook Yuko Osaka 

 ↓ ↓

https://www.facebook.com/yuko.osaka.526

 


twitter 函館・大福の大阪屋店主 大坂優子 

 ↓ ↓

https://twitter.com/daifukuosakaya

 


Instagram osaka.yuko 

 ↓ ↓

https://www.instagram.com/osaka.yuko/?hl=ja

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

お子様の一歳のお祝いの『一升餅』!!

大変喜ばれております。大阪屋では大福20個で、一升餅としてご予約承っております。

詳しくはコチラ 

 ↓ ↓

http://www.daifuku-osakaya.com/isyoumoti/index.htm

 

 

 


Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< October 2020 >>

Archive

Selected Entry

Link

Profile

Search

Mobile

qrcode

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM