こんにちは!大福の大阪屋 大坂優子です。

ツイッターで、またまたオモシロイことがありました。

 

 

 

 

 

数日前のブログで書きましたが、スペインの絵本「ちっちゃいさん」が、とっても面白かったんです。

ワタクシ、ときどきフェイスブックやツイッターで娘に読んだ絵本のことを、あれこれぐだぐだ書いて投稿しています。

ワタクシのような者の解説(?)や感想などは、お子さんに絵本を選ぶ際に参考にならないかもしれませんが、それでも!ほんのちょっとでも役に立てるかも!と思いまして。

まあ、それに絵本って本当に面白いので、投稿したくなっちゃうんですよね。

 

で、「ちっちゃさん」がとっても面白くて素敵な絵本だったものだから、勿論ツイートしてみた。

 

そしたらですね、なんと数日前、「ちっちゃいさん」の訳者・宇野和美さんから返信が来た!!

 

おぉ!と思い、ワタクシも返信。

 

 

 

 

そうしたらご丁寧に上のようにメッセージが!

 

 

 

正直、ビックリしました〜。

いや、ワタクシのような凡人とも言えない、世の中をどう生きていったらいいのか模索しながらさまよい歩いているオンナだって人間。絵本の作家さんだって人間。スペイン語に堪能な有名絵本作家の訳をする方だって人間。

 

だから、なんか特別なことが起きた!ってワケでもないのかも知れません。

けど、ひと昔前ならあり得ないことですよね。

ワタクシのような凡人にもなれない人間とは関わりを持つはずが無いような立派な訳者さんと、接点を持って会話をするなんてことは…。

 

時代なんですね。

やっぱSNS時代なんでしょうかね。

 

 

 

でね、これだけじゃ、無かったんですよ、実は。

 

5月のことなんですけどね、これまた面白かった「チリとチリリ」という絵本のことをツイートしていたワタクシ。

そしたら、なんと!

作者の『どい かや』さんから「いいね」がついた!!!

 

 

 

ちょっとですね、『どいかや』さんから「いいね」がついたと一目でわかるのを埋め込むことワタクシ出来ませんで、「ほんとなのか〜?」と怪しまれ確認したい方は、上をクリックしてご確認くださいませ。

 

 

 

そんなワケで、本当のことを言ってしまうと、実は今ツイッターが非常におろそかになってしまっていて、コレとどう付き合っていったらいいのか、これまた模索中のワタクシですが、

こんなビックリなこともありましたとさ。

おしまい。


Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< June 2019 >>

Archive

Selected Entry

Link

Profile

Search

Mobile

qrcode

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM