皆様、今日もありがとうございます。
大福の大阪屋 店主・大坂優子です。

昨日は黒豆の選別をしていました。煮豆用の黒豆です。
今日、これから一日いっぱいかけて、黒豆を煮ます。

 

黒豆を洗ってザルにあげておき、鍋で蜜を作って、その中に重曹と共に入れ数時間置き、それから弱火でまた数時間じっくりと煮ていきます。

こっくりとした風味で、非常に美味しいんですよ〜。年内のみの販売です。

 


つやっつやです!お茶請けにも、ピッタリ。

 

 


いつだったか大分前のブログに胡麻がアンチエンジングにいいですよ、ということを書きましたが大豆、黒大豆も良いことは周知されていますよね。
黒豆の効能は基礎代謝アップや脂肪吸収の抑制などのダイエット効果、血液をサラサラにしたり精神安定や眼精疲労の回復などの健康効果、そしてアンチエイジングなどの美容効果などいいことばかりです。
ただ、大豆に多く含まれているイソフラボンも過剰摂取すると副作用を生じます。
副作用の主な内容は、女性は生理不順、男性は性機能の衰えだそうです。
イソフラボンの一日の摂取量の上限は、70〜75咾任后2个鯆未靴森豆だと30グラム中に11售泙泙譴討い襪修Δ任后

アンチエイジングという言葉って(以前のブログにも書いていてしつこいようですが)、「抗老化」という意味です。
ワタクシ、アンチエイジングと聞くとなぜか「若返り」とか「若づくり」みたいなことをイメージしていました。
でも以前、女性紙のインタビューでとっても素敵な女優の風吹ジュンさんが「アンチエイジングはつまりは予防医療」と言っていたのが印象的で、はぁ〜なるほど、と思ってしまいました。風吹ジュンさんは予防医療としてのアンチエイジングを実践してとても体調が良く元気なんだそうです。

 

風吹ジュンさん、好きなんですよね〜。

ワタクシの大好きな俳優の小林薫さんと共演していた「コキーユ」という映画、良かったなぁ〜。

いや〜、あんな女性になりたい!!

って、毎度話が脱線してスイマセン…。

あ、それから、これも何度かブログに書いていることですがワタクシが実践している「水かぶり」も予防医学のお医者様が提唱していたものです。
お風呂上がりに冷水を1分間シャワーで体にかけて副腎皮質ホルモンを多く分泌させて免疫力をアップさせる、というもので毎日行っております。

あと、断食もいいですよね。昨日まで実は3日間の断食を敢行しまして、今日非常〜〜〜に調子のいいワタクシ。

水をかぶって、胡麻や大豆を食べて、時々好きなように飲み食いして、時々断食やって、

月並みですが「元気に死ぬまで現役!」というのがワタクシの目標です!


Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

Archive

Selected Entry

Link

Profile

Search

Mobile

qrcode

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM