こんにちは!

最近、10日に一度の更新になってきちゃって、でも書きたいことはいっぱいあるのに、うわーっとなってしまいますが、そんなこと言ってもしょうがないので、出来るペースで書こう、と思い直したりしている大福の大阪屋 大坂優子です。

 

ところで、明日は彼岸の入りですねぇ。本当に早いものです。

さっき、雪降ってましたけどね…。

 

お彼岸の言えば「おはぎ」、いや、春なので「ぼた餅」ですねえ。(おはぎとぼた餅について詳しくは、コチラの記事を読んでみてね!)

 

 

大阪屋では上記のように、春は「ぼた餅」、秋は「おはぎ」とよんでおります。

 

 

ちなみに、こし餡2個入りと粒あん2個入りを販売してます。1パック240円です。

 

 

しかしですね、「おはぎ」「ぼた餅」以外にも呼び名があるんです。

図書館で下の写真の本を借りたのですが、そこに書いておりました。

 

 

 

 

おはぎの中のご飯?お餅?って半搗き(半ごろし)ですよね。

で、すり鉢とすりこぎで潰す方法があるのですが、それだと餅つきのようにペッタンペッタンという派手な音が出ません。

それで、「隣知らず」と呼ぶんだそうです。

なぜ、「隣知らず」か?

音が出ないので隣も知らない、という意味なんだそうです。

 

また、「夜船」とも呼ぶんだそうです。

これは夜船はいつ着くものなのか、わからない、といった意味で、多分「いつ搗いたのかわからない」ということなんでしょう。

 

 

 

 

…。

ワタクシの言ってる意味、わかります?

 

 

 

まあ、そんなこんなで、お彼岸には、やっぱり「ぼた餅」だよね〜、ってことを一番言いたいのでした!

 

 

ぼたもちはお彼岸明けの前日22日(23日は当店お休みなのです)まで販売致します。

中日の20日には売り切れが予想されますので、是非ご予約下さい!

 

ではでは。

 


Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

Archive

Selected Entry

Link

Profile

Search

Mobile

qrcode

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM