一昨日から一泊二日で、黒松内に行って来ました。

近いけどね、遠出が苦手なワタクシ(日頃の寝不足のせいか恐ろしく眠くなる)。

夏休みだし、一泊すれば子供も喜ぶだろう、旅行にも行けないし。

ということで、目的はお墓参りでしたが、お泊まりすることにしたのです。


こんなお供えもの(自分らのお昼ご飯も兼ねている)




そこで、それを計画しているとき思い出しました。

以前、何度かお店に来てくれておしゃべりしたことのある女性が黒松内の「ぶなの森自然学校」で今働いていて、その夏休み中のプログラムを案内してくれてたんだっけ。

だけどなぁ、案内貰ってHPを見てみたけど、そういった自然学校なるものの存在すら知らなかったワタクシには、それの何がいいのか良くわからない(-_-;)


だから、時間もたっぷりあることだし、見学に行ってみよう!


それで行って来ました。

閉校になった元「作開小学校」を利用していて、こちらはそのグラウンド


しかしワタクシ、ほんとダメで校舎の写真一枚も撮っていなかった〜。


こちらの学校は月に一度は子供向けのキャンププログラムを行っているそう。



いや、ワタクシの亡き父の故郷なのです、黒松内。

だから小さい頃「黒松内のおばあちゃんの家」に、夏休みによく行って何泊もして、父とか叔父とかに近くの川に連れていってもらい遊んだものでした。強烈に楽しかったのを覚えている。とにかく毎日でも川に行きたかった。

それを今自分が娘にさせてあげられるかって言うと、正直無理。

川遊びの楽しい思い出がありながらも、かなりインドアなワタクシは、キャンプとか連れていってやるのも無理💧ダンナでもいればまた違うんでしょうが、いまからアウトドア派のダンナを貰うのは、もっと無理(笑)


だから、こういう所に行かせて、こんな楽しいプログラムを受けさせれば、楽しい&たくましくなる&親が楽(笑)などなど、一石何鳥にでもなるわ〜、と心が動かされ、こんな所があるんだ〜、と衝撃を受けたのでした。


ちょっと長くなったので、次回に続く。






 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

大福の大阪屋ホームページ

     ↓ ↓ 

http://www.daifuku-osakaya.com/

 


Facebook Yuko Osaka 

 ↓ ↓

https://www.facebook.com/yuko.osaka.526

 


twitter 函館・大福の大阪屋店主 大坂優子 

 ↓ ↓

https://twitter.com/daifukuosakaya

 


Instagram osaka.yuko 

 ↓ ↓

https://www.instagram.com/osaka.yuko/?hl=ja

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

お子様の一歳のお祝いの『一升餅』!!

大変喜ばれております。大阪屋では大福20個で、一升餅としてご予約承っております。

詳しくはコチラ 

 ↓ ↓

http://www.daifuku-osakaya.com/isyoumoti/index.htm

 

ハート大福で一升餅も出来ますよ。

詳しくはコチラ

 ↓ ↓

http://hakodate.daifuku-osakaya.com/?eid=318 

 

 






Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

Archive

Selected Entry

Link

Profile

Search

Mobile

qrcode

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM