昨日の続き(^^)v


正直、インドア派な人が無理してキャンプに子供連れていくよりも、こういった機関(?)にお世話になった方が合理的だし、沢山の自然の事などを子供が吸収出来ると思う。



それに、こちらは参加する子供達やスタッフさんだけじゃなく、幅広い年代の地域の方達や海外からのボランティアスタッフさん達が沢山なんだって。

地域の繋がりが薄れているイマドキ。そんな交流も出来れば、また学べることも多いですよね。


外国人スタッフも多いので、グローバルな視点や考え方も身に付きそう。あと、自分の言いたいことを伝える力とか。ちなみに施設内では英語が頻繁に使われるそう。


って、まるでコチラの回し者みたいに、説明してますが、そうじゃありません。

来年当たり、娘を参加させようか、と本気で思っているから、書いてて力が入っちゃいます。


何せねぇ、ものっ凄い甘えん坊の娘。

強く生きていって欲しいが、大丈夫かしら?と親なので本気で心配しているのです。


あとね、最近、娘の同い年のお友達が、一人で飛行機乗って札幌のご親戚の家に数泊したんだって。いや、その子も凄いし感心するがご両親が、やっぱり凄い。尊敬してしまうわ〜。

きっと、娘のお友達、ひとまわり大きくなって帰ってきただろうなぁ。

小さい頃の様々な経験は、その人間にとって宝物になるから。


人様がそうだからと言って何でも横並びにすることは無いんだけど、昔と違って意識的に色んなことを親がさせてあげないと、なかなか得るものが少ないのではないか、この現代の便利な世の中は、と思うワケです。


で衝撃なのはコチラの夏休みプログラム。


夏休み始まりから終わりまで3泊から5泊の5つのプログラムが立て続けに行われて、年齢によっては複数のプログラムを受けることが出来、たまに全部受ける強者もいるらしく、となると、そういう子は23泊、この元学校だった施設で暮らす事になる。


我が娘はまだ小さいので、例えば来年受けるとしても3泊のコースのみになるけど、いかせてみようかな〜。


まだ今年の夏休みも終わってないというのに、そんなことを考えているのでした。


またまた、次回に続く。一番の衝撃は次回に(^^)





 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

大福の大阪屋ホームページ

     ↓ ↓ 

http://www.daifuku-osakaya.com/

 


Facebook Yuko Osaka 

 ↓ ↓

https://www.facebook.com/yuko.osaka.526

 


twitter 函館・大福の大阪屋店主 大坂優子 

 ↓ ↓

https://twitter.com/daifukuosakaya

 


Instagram osaka.yuko 

 ↓ ↓

https://www.instagram.com/osaka.yuko/?hl=ja

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

お子様の一歳のお祝いの『一升餅』!!

大変喜ばれております。大阪屋では大福20個で、一升餅としてご予約承っております。

詳しくはコチラ 

 ↓ ↓

http://www.daifuku-osakaya.com/isyoumoti/index.htm

 

ハート大福で一升餅も出来ますよ。

詳しくはコチラ

 ↓ ↓

http://hakodate.daifuku-osakaya.com/?eid=318 

 

 







Calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

Archive

Selected Entry

Link

Profile

Search

Mobile

qrcode

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM