こんにちは。

大福の大阪屋 大坂優子です。

 

ゴールデンウィークも今日で終わり。

ワタクシは、いつものGWとほぼ変わらずに営業することが出来、大変ありがたく思っております。昨日は開店一時間で完売してしまいました。来て下さったお客様や、このブログを読んで下さっている方、SNS等で繋がっていつも応援して下さっている方、本当に感謝しております。

 

 

 

 

いつもと違うのは、本当に長い長い春休みのようなものを娘が与えられているということ。

やはり、シングルで子供を育てつつ、生きるための糧を得るために仕事をしている者としては、大分いろんな面でユルくない(函館弁で『大変』みたいな意味)。

子供を放ったらかしにして仕事をしなければならない。

数年前なら全く何も考えてない輩だったので「そんなもん、寝ないでやりゃーいいんだ!」とか言って3日3晩くらいなら睡眠1時間位で突っ走ってましたが、もう50歳も近くなったら、なかなかそうもいかない。ましてや、こんなワケの分からない病気に、無理をしたせいで、もしワタクシが罹ったりでもしたら…。恐ろしや〜〜。

 

それに、今は良くても、この先どうなるのか?

ずっと売れ続けるとは限らない。いっぱいいっぱいでやっていて、ふと気付いた時、「どうしよう。こんなんじゃ生きていけない。」なんて状態になるのかもしれない。

という不安は勿論あるのです。

 

まあ、でも、「いつどうなるか?」という不安は、コロナとは関係ない。そりゃいつも思ってることだ、商売している人間は特に。

保健所が、病院が、自治体が、国が…。

ハッキリ言ってそんなのは関係ない。

大体が生きている事自体が不安定なことだ。いつ何時だって危険と隣り合わせ。生きていること自体が奇跡なのだから。

当たり前に、豊かで便利で自由な暮らしを我々は与えられなければならない、という考えほど傲慢なものはない。

やっぱり、最後は自分。自分が今出来ることをしていくしかないのだ。ホントそれしかない。

 

とか言って、明日になったらワタクシも「わーー!!困った!もう、どうしよう!!」と、どん底にまで突き落とされて大騒ぎしてるかもしれんが💧

でも命あれば儲けモン。コロナや、その他不可抗力で、生きたかった今日を生きられない人もいる。

絶対に最終手段だけはとってはならない。

 

そう思うワケです。

色んな、モノを書くエラい人達が、既にいつも言ってることなんだけれども。

 

 

なんだか、ダラダラと書いてしまいました。

今日は

「11日(月)はお休みします」

ということを伝えようとパソコンに向かったんだけどね。

 

5月、もう一回ほど、お休みするかもしれませんが。

もし決まりましたらまたお知らせいたします。

 

ではでは、命ある限り精いっぱい、生きて参りましょう。

 

 

 

 

 


Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

Archive

Selected Entry

Link

Profile

Search

Mobile

qrcode

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM