一昨日から一泊二日で、黒松内に行って来ました。

近いけどね、遠出が苦手なワタクシ(日頃の寝不足のせいか恐ろしく眠くなる)。

夏休みだし、一泊すれば子供も喜ぶだろう、旅行にも行けないし。

ということで、目的はお墓参りでしたが、お泊まりすることにしたのです。


こんなお供えもの(自分らのお昼ご飯も兼ねている)




そこで、それを計画しているとき思い出しました。

以前、何度かお店に来てくれておしゃべりしたことのある女性が黒松内の「ぶなの森自然学校」で今働いていて、その夏休み中のプログラムを案内してくれてたんだっけ。

だけどなぁ、案内貰ってHPを見てみたけど、そういった自然学校なるものの存在すら知らなかったワタクシには、それの何がいいのか良くわからない(-_-;)


だから、時間もたっぷりあることだし、見学に行ってみよう!


それで行って来ました。

閉校になった元「作開小学校」を利用していて、こちらはそのグラウンド


しかしワタクシ、ほんとダメで校舎の写真一枚も撮っていなかった〜。


こちらの学校は月に一度は子供向けのキャンププログラムを行っているそう。



いや、ワタクシの亡き父の故郷なのです、黒松内。

だから小さい頃「黒松内のおばあちゃんの家」に、夏休みによく行って何泊もして、父とか叔父とかに近くの川に連れていってもらい遊んだものでした。強烈に楽しかったのを覚えている。とにかく毎日でも川に行きたかった。

それを今自分が娘にさせてあげられるかって言うと、正直無理。

川遊びの楽しい思い出がありながらも、かなりインドアなワタクシは、キャンプとか連れていってやるのも無理💧ダンナでもいればまた違うんでしょうが、いまからアウトドア派のダンナを貰うのは、もっと無理(笑)


だから、こういう所に行かせて、こんな楽しいプログラムを受けさせれば、楽しい&たくましくなる&親が楽(笑)などなど、一石何鳥にでもなるわ〜、と心が動かされ、こんな所があるんだ〜、と衝撃を受けたのでした。


ちょっと長くなったので、次回に続く。






 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

大福の大阪屋ホームページ

     ↓ ↓ 

http://www.daifuku-osakaya.com/

 


Facebook Yuko Osaka 

 ↓ ↓

https://www.facebook.com/yuko.osaka.526

 


twitter 函館・大福の大阪屋店主 大坂優子 

 ↓ ↓

https://twitter.com/daifukuosakaya

 


Instagram osaka.yuko 

 ↓ ↓

https://www.instagram.com/osaka.yuko/?hl=ja

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

お子様の一歳のお祝いの『一升餅』!!

大変喜ばれております。大阪屋では大福20個で、一升餅としてご予約承っております。

詳しくはコチラ 

 ↓ ↓

http://www.daifuku-osakaya.com/isyoumoti/index.htm

 

ハート大福で一升餅も出来ますよ。

詳しくはコチラ

 ↓ ↓

http://hakodate.daifuku-osakaya.com/?eid=318 

 

 





調子に乗って本日2本目のブログ。

こんにちは。大福の大阪屋 大坂優子です。

 

忙しい、忙しい。

娘が小学生になって、(ワタクシが)新生活になかなか慣れない。

 

 

 

などとブツブツ言っておりますが、そんな日々でも、少しだけでもいいから何か読みたい。

ってことで1日に数分ですが何かしら読んでおります。

子供がいない時は、自己啓発本という類の本は殆ど読んだ記憶が無いワタクシでございます。いや、読んでたかも知れませんが、自分を否定する気持ちが心の中のベースになっていて(しかも相当強く、こびりついている感じで)、何かワタクシのためになる言葉があったかも知れないのに、な〜んにも気付かずに過ごしておりました。

 

 

多分、娘のために「このままじゃ、いかん」と本気が出て来たんじゃないかと思いますが「あなたは、あなたでいいんだよ」という本質というか真理というか、そんなことが書かれている本をここ何年間かで数冊、読んでいるわけです。



 

それで今、本当に良いことが書かれているなぁ、と心の底から思えるのが「草薙龍瞬」さんの本。ハマってます。

写真は3冊目です。これから読みます。

「宗教か?大丈夫か、大坂!?」とお思いの方、大丈夫ですから。宗教とか入ってませんから。こちらの著者の方、僧侶でいらっしゃるようですが。

まあ、ご存知の方も沢山いらっしゃるでしょう。

 

今までの2冊に書いてあったこと。

「判断しない」「妄想しない」「どんな時でも私は私を肯定する」

 

救われます。

 

あ、救われる、とか言うと「宗教か?」ってなっちゃうのかしら(笑)

まあ、なんでもいいです、自分が良い方向に行くのであれば。

そのうち一人で「大福の大阪屋教」でもやりましょう(笑)

 

また書きます。

 

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

大福の大阪屋ホームページ

     ↓ ↓ 

http://www.daifuku-osakaya.com/

 


Facebook Yuko Osaka 

 ↓ ↓

https://www.facebook.com/yuko.osaka.526

 


twitter 函館・大福の大阪屋店主 大坂優子 

 ↓ ↓

https://twitter.com/daifukuosakaya

 


Instagram osaka.yuko 

 ↓ ↓

https://www.instagram.com/osaka.yuko/?hl=ja

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

お子様の一歳のお祝いの『一升餅』!!

大変喜ばれております。大阪屋では大福20個で、一升餅としてご予約承っております。

詳しくはコチラ 

 ↓ ↓

http://www.daifuku-osakaya.com/isyoumoti/index.htm

 

ハート大福で一升餅も出来ますよ。

詳しくはコチラ

 ↓ ↓

http://hakodate.daifuku-osakaya.com/?eid=318 

 

 

 

 

 

 

 

夏ですねぇ。

 

小学生の子供がいるっていうことは、こんなにも季節の移り変わりを実感できるモンなんだなぁ、としみじみと感じております

大福の大阪屋 大坂優子です。

 

夏っていうと、やはり他の季節よりは大福が売れる数は少ないのです。

その代わり、冷たい「あんみつのお持ち帰り」や「水ようかん」がありますので、日々、忙しく過ごしております。

あんこって、凄いよね。美味しからね、特に大阪屋のあんこは(笑)

 

ってことで、8月の休業日が決まりましたのでお知らせします。

 

毎週日曜日

 9日(木)

10日(金)

11日(土)

27日(月)

 

12日が日曜日ですので4連休となります。

13日からお盆ですよね!

ご予約などございましたらお早目にご連絡くださいませ。



 

 

下の写真は今日ご注文がありました一升餅。 

 

 

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

大福の大阪屋ホームページ

     ↓ ↓ 

http://www.daifuku-osakaya.com/

 


Facebook Yuko Osaka 

 ↓ ↓

https://www.facebook.com/yuko.osaka.526

 


twitter 函館・大福の大阪屋店主 大坂優子 

 ↓ ↓

https://twitter.com/daifukuosakaya

 


Instagram osaka.yuko 

 ↓ ↓

https://www.instagram.com/osaka.yuko/?hl=ja

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

お子様の一歳のお祝いの『一升餅』!!

大変喜ばれております。大阪屋では大福20個で、一升餅としてご予約承っております。

詳しくはコチラ 

 ↓ ↓

http://www.daifuku-osakaya.com/isyoumoti/index.htm

 

ハート大福で一升餅も出来ますよ。

詳しくはコチラ

 ↓ ↓

http://hakodate.daifuku-osakaya.com/?eid=318 

 

 

 

 

 

 

おはようございます!

大福の大阪屋 大坂優子です。

誠に勝手ながら本日5日(木)は臨時休業いたします。

ご不便おかけしますが、どうぞよろしくお願いいたします。


  こちらは『七夕水ようかん』♪遊び心で

  作ってしまいました〜。



  • 2018.06.21 Thursday
  • -
  • 01:31

読み聞かせボランティアをしています、学校の。

時間の無い人間なのに、ボランティアの日はわざわざ深夜に近い時間に起きて、餅作りを終わらせてから、朝娘達と一緒に学校へ向かうのです。


なぜ、そこまでするのか?

大きな注文を頂いたり、繁忙期には、毎日のように、この「深夜に起きて餅作り」ってのをやる生活になります。

しかし、まだまだ子供に手がかかる、仮眠をとる時間がも無い人間が、読み聞かせのために、なぜそこまでするのか?



ワタクシは絵本が大好きです。

娘が生まれてから、親が子供に読み聞かせをすることが、いかに重要か?ということを知りました。

それから子供の頃からワタクシ、朗読が得意です。自慢しますが、でも対した自慢にもなりませんが、学校でナレーターの役目など仰せつかったことがありました。


そんな事でワタクシ、ボランティアに一所懸命なのかしら?と、自分でも良く分からず、でも好きだからやる、それでいいじゃん、としっくり行かないながらも思ってた。


でも、そうじゃないって、上の写真の絵本を先日6年生に読み聞かせてから分かった。


この絵本『ぼくは、ブルーノ』はすごーく変わったサル、名はブルーノの「人生」のお話。

毎回、読むたびに心が動かされるワタクシが大好きな絵本。


読みながら自分の心と向き合ってた。

ワタクシが読み聞かせをやる意味は?

読み聞かせを通してワタクシじゃなきゃ誰かに伝える事が出来ないモノは?

ワタクシがボランティアを通して伝えるべき事は?


なんだか随分大それて、もしかしたら人によっては、ワタクシのことを傲慢な女だと思う方がいらっしゃるかも知れませんが、でも小さな事であっても、たった一人の人にであっても、もしかしたら伝える事が出来るのではないか?


『あなたは、それでいいんだよ』って。


自己肯定って言葉がありますよね。

つい数年前までは、そんな言葉あることすら知らなかった。

自己否定することで生き延びていたような数十年間。


(自己肯定と言うことでたどり着いた言葉はマインドフルネスだった!)


45歳という人生の折り返し地点も過ぎている今、やっと自分を自分で認めて行こうって言う発想になったワタクシ。

発展途上なワタクシ。

いや、発展しようという入り口にも立てていないかも知れない大坂優子は思うわけです。


そんな自分だから何か伝える事が出来るのでは?と。


そんな今日この頃であります。





Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

Archive

Selected Entry

Link

Profile

Search

Mobile

qrcode

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM