こんにちは!大福の大阪屋 大坂優子です。

これまた大分日にちが経ってしまいましたがワタクシ、家族と旅行に行ってきました。

浅虫温泉へ。

 

 

なぜ、浅虫温泉なのかと言いますと、一つ目の理由は、娘が新幹線に乗りたがったから。

5月だったか6月だったか、ヘタに新函館北斗駅へ連れて行き、新幹線を見せてしまったために、彼女は頻繁に「新幹線に乗りた〜い。」と呟いていました。

あんまり何度も聞いていると、もう本当に新幹線に乗せてやらなきゃ、ワタクシ達親子は、どうにかなっちゃうんじゃなかろうか、というおかしな気分になるものですね。不思議なもんです。

 

 

そして2つ目の理由。

さて、新幹線に乗ることは決まった。では、どこまで行けばいいのか?

いや〜、そりゃ遠い所まで行って何泊も出来るんなら、そんな楽しいことは無いけどさ〜。

お母ちゃん、お店何日も休めないしねぇ。

ということは、トンネルくぐって青森あたりか?

そうだ!青森の浅虫温泉ならば、そう遠くはないし何しろあそこには水族館があるではないか!

ということで旅行先が決定したのでした。

 

 

 

 

 

旅行はもともと大好きです。

と言っても国内旅行しかしたことありません。

 

一人旅が好きです。我が儘なんでしょうね、性格が。ひとりで好き勝手に歩いてまわりたいんです。

 

一人旅と言えば、なぜか思い出すのが、そこまで楽しいとは言えなかった若い時の熱海への旅行。

なぜ熱海に行ったのかも良く覚えてないのですが、最近よくその時のことを思い出します。

 

熱海のあの砂浜にも行ったんですよ。

そうしたら、カップルだらけでさ。

特に浜辺ですることもないしな〜、と思っていたら酒屋みたいなお店があった。

で、そこでワンカップとつまみを買って砂の上にハンカチを広げて座って呑んでいたら、まあ来るわ来るわ寄って来るわ。

 

え?何が寄って来たのかって?

それはアナタ、もちろんカップルが写真撮ってください、とカメラを持って私に言ってくるんですよ。

 

いや〜、後にも先にも、あんなに余所のカップルの写真を何組も立て続けに撮る、なんてことは無いでしょうね〜。

 

浅虫温泉旅行のハナシを書くはずが、あまりにも日数がたってしまったため、旅行の思い出話など書いてしまいました〜。

 

では。

こんにちは!大福の大阪屋 大坂優子です。

ちょっと日数が経ってしまいましたが先月、娘の保育園で遠足がありまして、ワタクシ初めてついて行きました。

 

いや〜、お弁当作るのがねえ、ゆるくないんですけどねぇ。

寝坊して大慌てで店に行き、鶏のから揚げやら卵焼きやらチマチマと作って弁当箱に詰めて何とか間に合わせて、リュック背負って行きましたよ。

 

 

 

 

 

 

娘は0歳から保育園に預けております。

1歳くらいから保育園での運動会やらお遊戯会、今回のような遠足などなど、色んな行事があり、ほとんどが保護者も参加可能なのですが、今まで一度も参加したことはありませんでした。

 

なぜなら、ワタクシの偏った固定観念が、保育園の行事に、店を休んで参加することを許さなかったから。

っていうか、参加後の今でも、本当のところ、しっくりいっていない。

 

しかし娘にとっては本当に嬉しかったらしく、ワタクシが「今度の遠足、お母さんも行くよ」と言ったら飛びあっがって大喜びで、当日まで毎日毎日、一日に何度も「お母さんと遠足に行くの、楽しみ〜」と言うんですから、なんとも切ないような可愛くて仕方ないような気持。

「保育園で遠足の絵をかいたの!」とワタクシと娘が弁当食べてる絵を見せるんですから、さすがにその時は「頭の固いこと言ってないで、明日の米に困っている位のヒドい状況でもないんだから、柔軟な考え方をしなくちゃいかん」などと思いましたが。

 

 

娘の親はワタクシひとり。ひとりで母親と父親をやらなきゃいけないワケです。

良い悪いは置いといて、娘の父親に当たる人の助けも一切無いワタクシ。

時々、日曜日以外に店を休んでいるのだって、営業日には出来ないことをするためです。従業員は増やせないし募集しても来ない、全部ひとりでやらなくちゃいけない。そういう理由で月に7〜8回もお休みしている。

ワタクシの偏った固定観念でいくと、店はって商売しているのに、その店を週一以上休むなんざ商売人の風上にも置けん!となるワケですが、背に腹は代えられん。

 

ってなワケで簡単に言うと「店を休んで娘の遠足についていきました。ちょっと、しっくり来てないけど楽しかったです」ということなのですが、ワタクシのような人間は無い頭で、そのことについてぐだぐだぐだぐだと考えてしまうんですよねってオハナシでした。

 

 

こんにちは!

大福の大阪屋 大坂優子です。

最近、白髪が目立ってきました。

「染めりゃ、いいじゃん」ということでしょーが、ワタクシ、相当面倒くさいオンナでありまして、その決断をなかなか出来ずにいました。

 

だって染めたら、毎月美容室に通わなきゃならん(普通のことじゃ)。

時間を取られるということだ(身だしなみでしょーが)。

染めずに素敵なひともいる。

 

ということで、だからなかなか美容室に行くというところまで自分の精神状態を持っていけなかった。

大袈裟だな〜という気もしますが、約5年、美容室という場所へ足を踏み入れていないんですから、そりゃアナタ勇気も必要なんでございます。

 

そんな風に悩んでいる時、娘が「髪を切りたい」と言い出した。水泳を習っているんで、その時帽子の中に髪の毛を詰め込むのが嫌なようで、今まで頑なに伸ばしていたというのに数日前、ロングヘアをおかっぱ頭にしたのです。

 

そのスッキリした髪型を見てワタクシは居ても立っても居られなくなった。

何しろ、ワタクシ、おかっぱ頭が大好きなのです。

おかっぱ頭を見ると「素敵!」と思ってしまうのです。

それに、おかっぱ頭がトレードマークの女優・桃井かおりさんに憧れていているんです。

で、実は娘がお腹の中にいる時「この子が女の子だったら、2人でおかっぱ頭にして街を練り歩いてみたい」などという得にも何にもならない妄想を抱いていたのです。

 

で、勇気を振り絞って美容室を予約し、緊張しながら髪やってもらいました〜。

スッキリサッパリ。

いいもんですね、美容室というのは。

 

いやしかし、前述した「染めずに素敵なひと」。

こういうひとには、なかなかなれるモンじゃない。

ワタクシ2人知っています、なにも手を加えず素敵な女性が。

ひとりはワタクシの友人。一人は一方的に私が知っていて憧れているひと。

だけど友人の方のりえさんなんかは生活スタイルから全てがナチュラルで素敵でスタイルがあって、抜群のセンスの持ち主。多分、もう一人の方もそう。

 

オマエは白髪頭で、そんな素敵なひとたちと肩を並べようと言うのか〜、無謀すぎる考えだぞ〜、と思い直し染めることにしたんでした。

 

あまりにも暫くぶりに美容室へ行ったので興奮状態のワタクシでございます。

興奮気味の文章でゴメンナサイ。次回は落ち着いて書こうと思います。

 

では。

こんにちは!大福の大阪屋 大坂です。

明日25日は土曜日ですが、以前お知らせした通りお休みさせて頂きます。

土曜日しか来られない、というお客様には大変申し訳ないのですが、どうぞよろしくお願い致します。

 

明日は娘の保育園の運動会なんです。

そして、実は6月12日(日)は姪っ子の運動会でした。ワタクシと娘と妹も姪っ子の親2人(弟夫婦)と一緒に見に行きました。

自分の子供じゃないので、ただただ楽しみ〜。気楽なモンでした。

だって親子の競技だって関係ないし、弟夫婦が(夜なべして!)作って運んだ弁当もただ、喜んで食べればいいだけだし!

 

しかしですね、その日は天気が危うい感じだった。

運動会が始まるや、「今日は昼頃から雨の予報ですので、早めに終わるようにしていきます!」などというアナウンス。

そのうちに「お昼休みも取りません!」とも!

 

 

ウチの姪っ子が走り出したところ。ほんっとに可愛かったなぁ。

 

実際に競技も、どんどんどんどん猛スピードで進んでいく。

正午前には殆どの競技が終わり、残すところお遊戯だけ。

義妹は「お遊戯すぐ終わるのでお弁当食べててください」と言ってくれ姪っ子とお遊戯の準備へ行き、弟も「先に食うべ」と言うので皆でお弁当の蓋をどんどん開けた。

「わ〜、スゴイ!美味しそう!」と喜んだのも束の間、ポツ…ポツ…。

 

 

この他にもまだ、あったんですよ。

 

 

???

ん?

ポツって…?

と思った次の瞬間、雨がザー!

しかし、ワタクシ腹が減っていた。

待ちに待ったお弁当。今まさに箸を持って、から揚げに手を伸ばさんとしているところだったのに、信じられない!!ちょっと我慢すれば止むんじゃないか?このまま食べ始めるか!?

と正直思いましたが、弟が「閉めるべ!」と弁当の蓋を閉めはじめて、妹と2人で片づけてしまった。(当たり前だ)

そして雨はますます強くザーーー!!

 

雨に濡れながら片手に荷物を持ちもう一方の手は娘の手とつなぎ、車へと一目散。

娘は状況がパっとは把握できなかったようで「みお(姪の名)どこにいるの?」「いずみ(義妹の名)おばちゃんは?」「車、どこにあるの?」「お弁当、食べないの?」と次々に質問してくるが、車までの距離が長く、勾配もありワタクシはゼエゼエしてきたのでろくに答えられない。不安そうな娘。しかも車の前まで来たのに弟が「車のカギが無い」などと言って探している。

 

最後の姪っ子のお遊戯もやったんだか、やってないんだかわからず、食べられなかった弁当をかつぎ、雨に濡れて皆、呆然と立ち尽くしていたという…。

 

いや〜、オモシロイ運動会でした。

弁当広げたら雨降ってきて食べられなかったってだけのハナシなんですが、実際にそうなると信じられないですね。

それでも、家に帰ってからお弁当広げて皆でビールなど飲みながら宴会したので楽しかったです。

 

明日の土曜は、いよいよ娘の運動会。

天気予報は、またまた危うい感じ!

どうなっちゃうのかな〜?

とっても楽しみです!(笑)

いつもありがとうございます!大福の大阪屋 店主・大坂優子です。

何屋のブログなんだかわからない記事ですが先日、焼きそばパンを作りました。
娘は4歳4か月になり、大分「アンパンマン」離れをしてきましたが、まだ時々アンパンマンのDVDを観たがります。
その日、やきそばパンマンが出てくるお話を見ていたところ、「焼きそばパン」が食べたくなったようで、娘から「作れ」とのお達しがありましたので、「はい」と従いました。

ついこの間、何かのサイトで焼きそばの美味しい作り方を見たような気がして一生懸命思い出しました。
「ああ、あれだわ」と思い出し、そのサイトを見て、取りあえずその通りに作ってみました。

へぇ〜、と驚いたのは焼きそば用の蒸し麺を一本一本ほぐすこと!

し、しかし、面倒くさ〜〜〜い!!


そして具材は赤ピーマン、もやし、豚肉。

キャベツは入らないのか?と家族に文句を言われました。スイマセン、今度作る時、入れてみます。
赤ピーマンだけじゃなく黄ピーマンも入れたらキレイだろうと思い、入れてみました。あと、玉ねぎも。
キレイだけど緑が足りない。緑のピーマンも入れたら良かったのか?でもそれじゃあ「ピーマン焼きそば」になってしまいそう。
やっぱりキャベツの緑色の部分を入れればよかったなぁ。
豚肉のは細切りにする、とありましたが、ちょっと大きめに切りました。
う〜ん、結局、レシピ通りにはなっていません。



出来上がった焼きそばをパンに挟む!
しかし、買いに行ったパン屋さんにドッグパンが売っておらず、バターロールで代用したので、こんな焼きそばパンになってしまいました!
麺が見えないので「野菜炒めパン」みたいになっております。

でも、美味しかったです!!

何のサイトかというと くらしのきほん です!
とても素敵でお気に入りです。

やっぱり、美味しいものを作ろうとすると手間がかかるものですね。
ワタクシがいつも作っている大福も、やはり手間がかかっています。例えば粒あんを作るときは、大量の小豆を一粒一粒見て、悪いものをはじく、という選別作業。とても時間と手間がかかります。(最近は、ほとんどスタッフ北川がやってくれてますけど(笑))

でも、ていねいに、手間も時間も惜しまず美味しいものを作ることは、仕事であっても暮らしであっても大切なことだなあ。

そんな風に思いました。
 


Calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>

Archive

Selected Entry

Link

Profile

Search

Mobile

qrcode

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM