こんにちは。大福の大阪屋 大坂優子です。

今朝ほどは、娘が熱を出したー!!と慌ててブログを更新してしまいご心配おかけしました。

 

ワタクシに似てよく食べる娘は体力があるためか、熱があるのに非常に元気でいつも通りやはりよく食べ、ニコニコ遊んでおります。

 

そんなわけで、体調の良い母達に娘を預け、今日は最近はじめました「うぐいす餅」についてブログに書きたいと思います!

 

さてさて、うぐいす餅と言いますと春のお菓子の代表的なものの一つと思われます。

鴬をかたどった形で、色も「青きな粉(うぐいすきな粉)」を使い仕上げ、春の訪れを告げる鴬に見立てたお菓子…。

 

しかしですね、普通の黄色いきな粉をふりかけた「うぐいす餅」もあるんですよ!!

今朝、両方作って写真に写してみました。

   ↓  ↓

 

 

左が普通のきな粉、右が青きな粉をまぶしたもの。

ちなみにワタクシが作るうぐいす餅は青きな粉を使っています。2個入り240円。こしあん、粒あん両方作っております。

あとですね、下記の抜粋の文章からもわかる通り、一般的にうぐいす餅は求肥で作ることが多いのですが、ワタクシはもち米から作っております。

もち米を普通に蒸かしてから、柔らかく仕上げて、うぐいす餅にしております。

 

普通のきな粉の方は

『これは保護色の冬のうぐいすの様子を写した冬のお菓子。求肥の白さを生かすように、きな粉は香りのよいものを少しだけふりかけるようにします』

と言う事です(「NHK出版パティスリーシリーズァ,△海れの和菓子をつくる 著・内記 進」より抜粋)。

 

ほほぅ、そうなんだ〜、と実はワタクシ安堵したわけです。

なぜって、出来上がったうぐいす餅をこうして写真にしたら、青きな粉が鮮やかな緑色に見えない…。なんだか焦がしきな粉みたいな色で「あれ〜?おいおい」などと、一人で突っ込んだりしていたんですから。

 

「そうだ、保護色のうぐいすなんです!と言えばいいんだ」とか思いましたが、言われた相手は「え?何のこと?」って思うだろうな〜。

 

そんなこんなで色々調べましたら、今度はうぐいす色のことがネットで出てきました。

以下です。

 

 

『日本では、ウグイスとメジロは混同されることがよくある。いわゆる梅にウグイスという取り合わせが花札をはじめ、よく見かけられるが、実際には梅(沖縄では緋寒桜)の蜜を吸いにくるのはメジロであり、藪の中で虫を食べるウグイスはそのような姿で見かけられることは少ない。「ウグイス色」というとメジロの体色のような鮮やかな緑を連想する人も多いが、JIS慣用色名に定められているウグイス色は茶と黒のまざったような緑色をしている。この色を鶯茶(うぐいすちゃ)ともいう。実際のウグイスの体色は茶褐色であり、JISのウグイス色は、ウグイスの羽を忠実に取材した色である。』(Wikipediaより)

 

そして今度は「そうか、うぐいす色は本当は鮮やかな緑ではなくウチのうぐいす餅の色なんです!!と言えばいいんだ」とか思ったワタクシ。

っつーか、そんな事気にせず美味しいんだから自信もってお客様に提供すればいいんだ!

 

ちなみに、鴬はこんな色の鳥です。

      ↓  ↓

 

 

鮮やかな緑ではなくても、本当に春を感じさせる可愛らしい鳥ですね〜。

あー、早く春が来て、あったかくなんないかな〜。

 

 

皆様、今日もありがとうございます。
大福の大阪屋 店主・大坂優子です。

昨日は黒豆の選別をしていました。煮豆用の黒豆です。
今日、これから一日いっぱいかけて、黒豆を煮ます。

 

黒豆を洗ってザルにあげておき、鍋で蜜を作って、その中に重曹と共に入れ数時間置き、それから弱火でまた数時間じっくりと煮ていきます。

こっくりとした風味で、非常に美味しいんですよ〜。年内のみの販売です。

 


つやっつやです!お茶請けにも、ピッタリ。

 

 


いつだったか大分前のブログに胡麻がアンチエンジングにいいですよ、ということを書きましたが大豆、黒大豆も良いことは周知されていますよね。
黒豆の効能は基礎代謝アップや脂肪吸収の抑制などのダイエット効果、血液をサラサラにしたり精神安定や眼精疲労の回復などの健康効果、そしてアンチエイジングなどの美容効果などいいことばかりです。
ただ、大豆に多く含まれているイソフラボンも過剰摂取すると副作用を生じます。
副作用の主な内容は、女性は生理不順、男性は性機能の衰えだそうです。
イソフラボンの一日の摂取量の上限は、70〜75咾任后2个鯆未靴森豆だと30グラム中に11售泙泙譴討い襪修Δ任后

アンチエイジングという言葉って(以前のブログにも書いていてしつこいようですが)、「抗老化」という意味です。
ワタクシ、アンチエイジングと聞くとなぜか「若返り」とか「若づくり」みたいなことをイメージしていました。
でも以前、女性紙のインタビューでとっても素敵な女優の風吹ジュンさんが「アンチエイジングはつまりは予防医療」と言っていたのが印象的で、はぁ〜なるほど、と思ってしまいました。風吹ジュンさんは予防医療としてのアンチエイジングを実践してとても体調が良く元気なんだそうです。

 

風吹ジュンさん、好きなんですよね〜。

ワタクシの大好きな俳優の小林薫さんと共演していた「コキーユ」という映画、良かったなぁ〜。

いや〜、あんな女性になりたい!!

って、毎度話が脱線してスイマセン…。

あ、それから、これも何度かブログに書いていることですがワタクシが実践している「水かぶり」も予防医学のお医者様が提唱していたものです。
お風呂上がりに冷水を1分間シャワーで体にかけて副腎皮質ホルモンを多く分泌させて免疫力をアップさせる、というもので毎日行っております。

あと、断食もいいですよね。昨日まで実は3日間の断食を敢行しまして、今日非常〜〜〜に調子のいいワタクシ。

水をかぶって、胡麻や大豆を食べて、時々好きなように飲み食いして、時々断食やって、

月並みですが「元気に死ぬまで現役!」というのがワタクシの目標です!

こんにちは。最近、ほんのすこ~しでもいいから、自分に手入れをしたら楽しいんじゃないか、と思う事が出来るようになってきました。

…。なんか回りくどい言い方ですね。

 

いや、キレイなお客様が沢山いらっしゃるんですよ、大福の大阪屋には。

もうね、「自分は子育て中だから何にも余裕が無いんじゃ〜」と言ってダラダラするのにも実際、飽きてきたんですよ、ワタクシ。

 

とかいう、キレイな方とか自分の手入れのハナシは一旦、置いといて、本題は「おしるこの大盛り」についてでございます。

 

当店のおしるこ、丸いお餅が二つ入っております。

お椀には餡をたっぷり。こしあん粒あん選べます。

 

 

しかしですね、時々「大盛りにして〜」と言われます。

 

開店当初から来て下っている年配男性の常連さんが、大分前ですが「昔は、どんぶりで汁粉を食ったし餅もデカかったんだよな。これなら食った気しねーでや」とおっしゃって「今度は大盛りにしてけれ」との事でしたので、お餅を「いそべ餅」や「安倍川餅」用の、大きい長方形のお餅2つで、餡もそれに見合うよう多くしましてプラス100円(普通のおしるこは450円。大盛りは550円)で提供しています。

 

大体、直径6cmくらいです。

 

 

比べるとこんな感じ。長方形のが、安倍川もちやいそべ餅用。

 

 

 

どうやらご満足して頂けたようで、それ以来そのお客様は黙っていても「こしあんのお汁粉大盛り」と決まっています。ありがたいことです。

 

あ、ちなみに冒頭の写真は普通盛りです。

大盛りの場合、お椀に縁ギリギリまで餡をお入れしますので、蓋はせずにお出しします!

 

ということで、「大盛りにして〜」とのご注文の際には、上記のようになっておりますので〜。

わりと多くいらっしゃるんですよね、おしるこ大盛りをご希望のお客様。

 

 

そうそう。で、最初のハナシに戻りますが、スラっとしたキレイな女性のお客様が「おしるこ大盛り」を食べていかれたのです、最近。

「あんな細ーい人が、甘いモンをたらふく食べるなんて〜〜〜」と驚き、そして、どういうワケか「ワタクシもいい加減、子育てを言い訳にしてボサボサにしているのは全然楽しくないぞ」という考えに至ったのです。

スラっとならないにしても、時間が無いにしても何か出来ることはあるはずだ!

と、そんな風に思いまして、最近ある健康法?美容法?をやり始めました。

 

これが、お金を時間もかからず、ダイエットにも免疫力アップにも、精神を安定させるのにも良い!それさえ、やっていれば万事解決する!ということのようなのですが、ワタクシの性格上、食べ物屋のブログには書いてはいけない単語のような気がしますので、何なのかはココでは書きません。

気になる方は、是非、ワタクシに直接聞いてね!

ってここまで書いたら、わかる人にはわかるかも。わりと有名な健康法です。

 

てなワケで、ボサボサはいかん!ということは分かってはいる大坂優子がお届けしました〜。

 

 

 

 

こんにちは。大福の大阪屋 大坂優子です。

 

本日は喫茶室メニューの「いそべもち」のご紹介です。

 

はい。何の変哲もない「いそべもち」でございますが、色々試した結果、やはり基本のいそべもちが一番ウマイ!ってことで本当に海苔とお醤油だけのお餅でございます。

 

 

この「いそべもち」、美味しく作るコツは、海苔も網の上でお餅と一緒に両面よく炙ること。

 

 

 

それから、お醤油はあまりキレイにまんべんなく塗ってしまわないこと。ちょっと、まだらに、白い部分が残っているくらいがお醤油の付いてる部分と付いてない部分の味のコントラストが出来て、美味しいんです!

 

 

それから、海苔を巻くわけですが、巻いてから乾かすように更に焼くこと。お餅の側面も炙るようにして火を入れます。

 

 

 

 

 

いそべ餅のご注文が入ると店中が醤油と海苔の香ばしいにおいでいっぱいになり、これまた何とも言えないたまらない「幸せのにおい」です!

 

お煎茶とご一緒に是非どうぞ〜。

喫茶室は11:00〜17:00までやってます(ラストオーダーは16:30)。ちなみに土曜日は都合により15:30ラストオーダーの16:00閉店となっております。

 

 

 

お正月などに、お家でいそべ餅を食べる際には、是非こんな風に試してみてね。

 

 

 

おはようございます。大福の大阪屋 大坂優子です。久々に朝更新のブログです。

 

来週はお彼岸ですね。

お彼岸と言えば

おはぎですよね。

 

19日が彼岸の入りですが、その日は当店お休みとなっておりますので20日(火)から24日(土)まで販売いたします。
こしあん1個、粒あん1個の2個入り1パック220円です。
(24日を過ぎても、前日までご注文頂ければ年中作れます)
 

 

おはぎって、ワタクシ大好きなんですよね。

おはぎ好きな方って、本当におはぎが好きですよね(笑)。

 

 

ワタクシ、おはぎには色んな思い出があります。その一つを今日は書きますね。

 

 

 

まだワタクシが5〜6歳の頃、黒松内にひとりで住んでいた祖母が、おはぎを作る材料と道具を風呂敷でかついで「孫たちに作って食べさせてやる」と言ってサプライズで来てくれたことがあります。

 

家族みんなビックリして、そして、ほんとうにほんとうに嬉しかった。

40年近く前の話ですので大昔です。
その頃おばあちゃんは多分、60代後半だったと思いますが今どきの60代の方達のように元気で若々しいわけではありませんでした。
幼い頃から苦労してきた人だったから、腰は曲がっていたし、どちらかと言うと昔話に出てくるようなおばあさんに近いような。
 

 

 

今自分がおはぎを作るようになって、作る度にその時のことを思い出します。
思い出している事は、毎回同じことなのに、思い出した後の感情は歳をとるごとに変化しています。

そりゃそうですよね、私自身がだんだん、その時のおばあちゃんに近づいていくわけですから。(まだまだ若輩者ですが)

今、思うのは、「自分が子供の頃からお菓子を作ることが好きなのは、作る事自体好きだし食べるのも好きだけど、何といっても、作ったお菓子を喜んでくれる人がいるからなんだな」ということ。

なんかありがちな事言ってるようですが、本当にそう思うんですよ。

 

実はこの内容と同じような記事、去年の今頃にも書いたのですが、その時思ったことは今と少し違っていました。
去年は「あの時のおばあちゃんみたいに、喜んでくれる方たちのために毎日、一生懸命、作ろう」と書いていた。

 

来年はどんな風に思うのかな、ワタクシ。

歳をとるってことは、色々衰えを感じてきて切ない部分もありますが、なんかオモシロイことでもあるな、と最近やっと、ほんの少し思えるようになってきたワタクシなのでありました。


Calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>

Archive

Selected Entry

Link

Profile

Search

Mobile

qrcode

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM