月曜日。また今日からお仕事という方も多いですよね。

皆様、今日もありがとうございます。大福の大阪屋 店主・大坂優子です。
昨日はお店がお休みでした。寒くなってきたので衣替えをしました。


必然的に部屋の中のいるものといらないものを分ける作業も、仕事に加わったのですが、いつもどうしても捨てられないものがあります。

何冊もある雑誌「暮らしの手帖」。
好きな雑誌でお店にも数冊置いてます。毎号、必ず買うわけではありませんが。

目にとまったのは「暮らしの手帖 41」。2009年のものです。
『月曜日の詩集』というページがありました。詩人の高田敏子という人を特集したコーナーです。


実は、月曜日という言葉を目にして「これはブログの題材にいいぜ」と思い読んでしまったのですが、素敵な詩がありました。

   ぶらんこ

   雲をける
   風をきる
   光のしまをつきぬける
   ぱっとひらける視野!
    生がきのむこうに
    さっきおこったばかりのママが
    ミシンをふんでいる
    鶏小屋のうしろに
    タンポポが咲いている

   空の手に抱かれるたびに
   少女の眼はステキなものを
   とらえる

   子どもの背たけが
   すくっと のびるのは
   こんなときではないかしら

     (高田敏子著 「月曜日の詩集」から)


自分って余裕ない人間だなあ、と思いました。
まずはこの雑誌を手に取った動機が「ブログの題材にできそうだわい」。
で、自分が娘を連れて公園に行くとき、こんな視点でこどもの遊びを見ているかしら?と思い返しました。

娘に「公園行きたい」と言われるとまず思うのは「げっ。疲れてんのに公園か〜」。
いざ自分を奮い立たせて連れて行っても「あー、早くウチに帰りたいな〜。アレもしなきゃ、コレもしなきゃ」。
「お母さんも一緒にブランコに乗ろう!」と娘が嬉しそうに言っているのに「え〜。最近、また太っておしりが大きいから、ブランコなんかに座りたくないよ〜」・・・・・。

今度から、公園に出かけたときくらいは「今、娘の背は伸びたかなあ?」と観察してみようって思いました。







 

皆様、本日もありがとうございます。
大福の大阪屋 店主・大坂優子です。

昨日はお店の定休日でしたので3歳の娘と一日中、一緒に
過ごしました。
まずは図書館へ。



まるで文学少女ですが、まだ字は読めません・・・。
図書館に行くと、5〜6冊読まされます。
どんどん自分の気になる本を持ってきて「よんでー!」というので
最後はワタクシの声はかすれ気味。

そして昨日は蔦谷書店にも行きました。
まあ、ここでは遊具で遊んで終わりましたけど。

大きくなったら娘には本をたくさん読んで欲しいと思います。
本を読んで、様々なことを学んで、物事を自分の頭でよく考えて
自分のやりたいことを見つけて欲しいと思います。
そして自分の力で強く生きていって欲しいなあ、と思います。

今、世の中、本当に大変ですよね。
昔のようにシンプルではないし、生きにくいと感じても仕方がない。
だけど本質は変わらないって思うんです。

昨日はお休みでしたので、そんなことを考えていました。


皆様、今日もありがとうございます。
今朝の晴れ晴れとしたお空を見て、歌って踊りだしたい
気分になっているのは、このワタクシ 
大福の大阪屋 店主・大坂優子だけではないと思いますが
いかかでしょうか?(歌えませんし、踊れませんが)

昨日、当店は定休日でした。
ちょと早いのかもしれませんが、娘の七五三のお宮参りを
してきました。



私は子供の頃、七五三のお参りや写真撮影などしたことが
ありませんでしたので、この行事に関わるのは人生初。
子供がいなかったら一生、七五三とは無縁だったことでしょう。

事前に神社に問い合わせた時には「9月中旬だと千歳飴は用意
出来ないと思いますが、お参りは大丈夫ですよ」との事でしたが
間に合ったそうで、娘は喜んで、しっかりと握りしめておりました。

それにしてもワタクシは「本当にお店の店主なのかい?」と
言われそうなくらい、そそっかしい人間でして、昨日も神社で
やってしまいました。
お参りも終わり、神主さんにワタクシは深々と頭を下げながら
「どうも、ありがとうございました」と言って娘と出口の方へ
向かいました。
するとず〜っとポーカーフェイスだった神主さんは非常に
慌てた様子で「あっ、あの...。」と言うのです。
「はい?」とワタクシが言うと
「あの、初穂料...。」と神主さん。

...本当に私って、どうしてこうなんだ〜、と落ち込んでいる
わけにもいかず、とっても高めなテンションで「あはははー!
いや〜、そうでした、すいませ〜ん。あはは〜。」と震えた手
でお納めしたのでした。
受付で最初に渡すべきものなのに忘れたままで、挙句の果てに
タダで帰ってこようとしたワケです。どうしようもないヤツです。

これからはもっと周りに配慮して行動しよう、特にお客様の前で
こんなことの無いように頑張ります!と心の中で神様にパンパンっと
手を合わせました。


Calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

Archive

Selected Entry

Link

Profile

Search

Mobile

qrcode

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM