今朝4時に起きて外を見た時は、雪は積もってないし、そんなに降ってないし、良かった〜
と喜んでいたら、5時頃から猛烈に吹雪いてきましたね💧わたしゃ、もーイヤじゃ...

とブツクサ言っております、大福の大阪屋 大坂優子です。

 

昨日読んだ絵本は「いしゃがよい」。


 

 

「医者が良い」?と思って読んだら「医者通い」だった(笑)

 

 

 

 

前回は、いまいち調子が出なくて、悲しい…ばかり書いてしまった。

やっぱりね、普通には生活してても、気持ちの奥底は下がったままで、「ゴー!ゴー!」みたいにはいきません(当たり前か)。

 

父のこと。

ワタクシ、父をどう思っていたんだろう。

自慢は大嫌いなのだが、正直に言うことは好きだ。そう、父は凄い人だ。本当に。

それが父に対して出てくる正直な言葉だ。

 

幼い頃に自分の父親を病気で亡くしてしまった、ワタクシのお父さん。

どうやらワタクシの祖父は今で言う若年性のアルツハイマーだったらしい。なかなか良い勤めをしていたのに40代で「頭がおかしくなった」「気が狂った」と周りから言われ、長いこと病院に入っていたようだ。お父さんがまだ小学生の頃だ。

昔は今みたいに、色んな病名が一般庶民に認知されていなかっただろうからね。

 

そこからワタクシのお父さんの地獄のような少年時代が始まったワケだ。

人には言えないような貧乏生活。それを言うと「昔はみんな貧しかったから」と言う人がいる。

そんなんじゃないのさ、お父さんの貧乏は。

お父さんは昭和18年生まれ。いくら昔と言ってもお父さんが小学校に上がる頃には殆どの子供達が、義務教育を普通に受けていたはずだ。

だけど、学校に赤ん坊の弟(ワタクシの叔父)を連れて行かなければならなかったお父さん。おばあちゃんは3人の子供達を一人で食べさせてやらなければならなかったから。

行けるだけ、まだ良かったのかも知れない。少しでも稼がなきゃいけなかったから、学校は仕事するために休みがちだった。

お父さんには兄と姉もいるが、彼らはもうその頃は大分おとなで、家を離れていたらしくて、だから父を筆頭に下3人の子供達は誰にも言えないような惨めさを味わっていた。

 

学校に満足に行けなかったり、行けるときは前述のように教室で弟の守りをしたり、どこか農家の手伝いがあるから、と学校を休んで肥溜めに貯蔵するためのものを運ぶ仕事をさせられ、それを同級生に見られたり…。

そんなことが原因でイジメにも遭った。

 

 

 

 

お父さん、ワタクシによく言ってた。

「オレは頭が悪いから、勉強なんてキライだし出来なかった。勉強なんか出来なくても生きていける」って。

でも、ある時、酔っ払って一回だけ、こんなことを言ったこともあった。

「小学校に入ったばかりの時はな、算数とか国語とか面白くてな。良く手を挙げて発表してたんだ」。

 

 

お父さん、きっと頭悪くなかったね。

諦めたんだね、ある時から。

辛かったよね。

 

でも、やっぱり、ちゃんと見てくれてる人っているんです。

神様って、本当にいるのかもしれない。

 

 

ブログはず〜っと残るから、これ書いてます。ワタクシの娘が大きくなってから、読んでくれたらいいな、と思う。

自分は父に比べたら、何不自由ない。贅沢だ。

なのにグータラだな、ワタクシ。

しょーがない。正直グータラは治らん。

でも、自分の父親が小さい頃から今まで、どんな風に過ごしてきたか。しかも、大昔じゃない、ほんの少し前の事だ。

それを、覚えておかなきゃな、ってやっぱり思うんだよ。

 

 

 

 

ということで、この続きはまたの機会に。

 

 

物凄く忙しい。

そんなの当たり前だし、特別なことでもないと分かってはいるのだが、弱音を吐きたくなることもあります。

 

先月18日に父が亡くなった。

悲しい。

葬儀の、家族からの挨拶で、私はこう言った。

「父は精一杯生きて、自分の体・命を使い切って、今満足していると思う」

本当にそう思う、そして父は幸せだったのだ、と思う。

しかし、悲しい。

 

 

 

 

そんな中で昨日、前に一度番組に出させて頂いたFMいるかのパーソナリティー・山形敦子さんの急逝を知った。

物凄くショックだった。

だって、父が亡くなった18日、病院から連絡が来る前、私は店で開店準備をしながらFMいるかを聴いていて、いつも明るく若干高めの山形さんの声が非常に低く元気が無いので、ちょっと心配になったのだ。一度しか会ったことはないとは言え、やはり心配になった。

そう思った矢先、病院から父の急変の連絡があり、慌てて戸締りして出かけた。

 

 

 

 

先週、少しずつ落ち着いてきたかな、と思っていたら、ありがたいことに、いるかさんが中継でウチの店を紹介してくれて、そういえば山形さん、元気かな?と思い出したところだった。

 

悲しい

悲しい

悲しい…

 

 

 

 

 

そうも言っていられないね。

勝手に想像します。山形さんもギリギリまでラジオでお話をされていた。きっとご自分の体・命を使い切って満足した心持でいらっしゃるに違いない。

 

私は…?

そう言える人生を今、送れているかしら?

 

 

 

こんにちは。店主・大坂です。

今年初めてのブログ、今日になってしまいました。

本年もどうぞよろしくお願い致します。

 

早速ですが臨時休業のお知らせです。

誠に勝手ながら、今月22日までお休みさせて頂きます。

23日(火)より通常営業致しますので、どうぞよろしくお願い致します。

 

 

こんにちは。大福の大阪屋 大坂優子です。

今年も本当にあと少し!皆さま、いかがお過ごしでしょうか。

 

ワタクシは本当にありがたいことに、大変忙しく過ごしております。

思い出すと、年明けからず〜っと忙しかったように思います。

色んなことがあって、でも年齢のせいでしょうか。

ちょっと、実感の無いまま時が流れていった感じもあります。

 

きっと、いいことなのですね、そういうのは、多分。

落ち込んだり、立ち止まったりが少なかったんだ、と感じております。

 

あ、そうそう、肝心なのは年明けの営業でした💦

年始は5日(金)より営業いたします。

来年も、どうぞよろしくお願いいたします。

 

 

自分で言うのもナンですが、今年はこのような楽しい大福を作ったりして、なんだかいい年だったよな〜と(えへへ)

 

 

 

 

 

年末年始と言えば、ワタクシ事ですが、今年は大晦日は、早く寝よう!!と豪語しているんです〜。

もうね、お蔭様で29日も早朝から、30日と31日にいたっては、寝ずに餅づくりをするワケでして、大晦日の夜は飲み食いなどせず、元旦のために早く体を休めるのよ、お母さんもあなた(娘)も!と子に言い聞かせているのです。

が、もう6歳にも近くなると、すんなり納得するワケも無く、なんだかんだと娘はワタクシに文句言ってます。

 

って、また我が家のワケの分からない事情をこんなところで話してどーするんだ💧

きっと、ちゃんと飲み食いして(笑)過ごすような気もしてます。

 

なんてことの無い、幸せなことです。

来年も、そんな風に「ワタクシって幸せなヤツだ」と実感できる年になればいいな、と思っています。

 

ではでは、皆さま良いお年をお迎えください。

体調にはくれぐれもお気をつけくださいね〜。

 

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

大福の大阪屋ホームページ

     ↓ ↓ 

http://www.daifuku-osakaya.com/

 


Facebook Yuko Osaka 

 ↓ ↓

https://www.facebook.com/yuko.osaka.526

 


twitter 函館・大福の大阪屋店主 大坂優子 

 ↓ ↓

https://twitter.com/daifukuosakaya

 


Instagram osaka.yuko 

 ↓ ↓

https://www.instagram.com/osaka.yuko/?hl=ja

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

お子様の一歳のお祝いの『一升餅』!!

大変喜ばれております。大阪屋では大福20個で、一升餅としてご予約承っております。

詳しくはコチラ 

 ↓ ↓

http://www.daifuku-osakaya.com/isyoumoti/index.htm

 

 

 

 

 

 

こんにちは。

大福の大阪屋 大坂優子です。

 

開店以来10年間、狭いながらも落ち着く空間で手作りの甘味を食べながら、ほっとする時間を過ごしてもらいたいと、喫茶営業をさせていただいていましたが、来月12月22日(金)をもちましてしばらくの間お休みさせていただきます。

 

ありがたいことに、大福のご注文が多くなってきました。一人で作っておりますので、製造と喫茶の両方をワタクシと短時間のパートスタッフ一名とだけでこなすのに無理が出てきました。

また、毎度クドイようですが、ワタクシ一人で子供を育てております。子は来年小学校に上がります。これから更に手がかかりますし、手をかけなければならない。というか、手をかけてあげたい。まず最優先すべきは大事な娘の健康を第一に考えてしっかり育てていくことなんです、ワタクシにとって。

 

それにはどうするのが一番いいのか、とここ1年、ずっと考えていました、実は。

 

それから、両親の病気や娘の喘息などのことで、ここ数年間で食と健康について、かなり考えさせられました。

この経験をお店の営業に生かしていきたい、皆さんにより安心して食べられる手作りのお菓子を提供したいという思いが強くなり、そのための準備期間が必要と思い、今回の決断となりました。

 

これまでの間、大福の大阪屋の喫茶室をご愛顧いただきまして、お客様には本当に感謝しております。

ウチの店を気に入ってくれて、毎度来て下さるお客様のお顔を思い浮かべては、やっぱり続けようか、いや、どうしようか、となかなか決断出来ませんでした。

数年後、再開のめどが立ちましたら、またお知らせしたいと思っております。

 

 

 

とはいえ、喫茶スペースでは、これまで通り、ご購入いただいた大福を座ってゆっくりお召し上がり頂けます。どうぞ、お気軽に休んでいって下さい。

 

甚だ勝手ではありますが、これからも大福の大阪屋を、どうぞよろしくお願いします。


Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

Archive

Selected Entry

Link

Profile

Search

Mobile

qrcode

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM