今日は暖かいです。
このまま雪が降らず春になってくれないかなあ、などと秋真っ盛りなのに思ってしまいます。

今日も読んで下さってありがとうございます。
大福の大阪屋 大坂優子です。

今日のお題はアンパンマン。
ワタクシの娘は今3歳9ヶ月になろうとしているところ。
毎日のアンパンマンDVD鑑賞が何よりの楽しみのようです。

我が家にはアンパンマンのDVDが40枚ほどあります。一枚に16話ほど入っています。
全部、ワタクシの妹のダンナ様が録画してくれたもの。おじちゃんが遊びに来るたびに持ってきてくれるDVDに娘は大喜びでした。



が、しかし。
大人が毎日アンパンマンを観る、というのは想像以上にユルくない(函館弁で、大変だって意味です)。
しかもワタクシはまだまだ自分の時間など持てないので、娘が寝てから好きな映画観るとか、好きなテレビ番組みる、とかして息を抜くということも出来ない。
ワタクシと母はあまりの大変さに最近は、アンパンマンへの率直な感想を娘の前で平気で言うようになってきた。



「アンパンマンの新しい顔、あっという間に出来るけどさ〜、粉練って、発酵させて、ガス抜いて、成型して、また発酵させて、焼いてっていうのを、こんなに短時間にやっちゃうんだね。」
「そのへん、どんでもいい(函館弁でとうでもいいって意味です)んだわ、このマンガは。」

「バタコさんってジャムおじさんの娘なの?」
「えぇ!?違うでしょー。」

「バイキンマンとドキンちゃんは、おなかすいた〜、しか言えないのかね。」
「どうにかしてやればいいのにね。かわいそうだわ、いつも食べるもの探して。この2人だってまだ子供なんだよ。」

「ジャムおじさんって何歳くらいなんだろうね?」
「奥さんいないんだね。バタコさんが奥さんの役目を果たしている」



などなど。
楽しんで観ている娘の前で「イケナイよな〜」と思いつつも母とワタクシは2人で勝手なことを言っているのです。

そんな娘も、最近では「プリキュア観たい」「ありのままの(アナと雪の女王)観たい」などと言うようになってきました。
母とワタクシの、アニメへの率直な感想はまだまだこれからも続くんだろうな〜。

 

お休みも明けて、また落ち着いて仕事をしなくちゃ、と言う方も多くいらっしゃいますね。

今日もありがとうございます。
大福の大阪屋 店主・大坂優子です。

落ち着いて仕事…。
ワタクシの場合、それがとっても難しくなる場合がよくあります。
お店が忙しくなると、どうしても慌ててしまう。
もう社会に出て20年以上経ち、その間やってきた仕事は殆ど接客業だというのに、いつまでたってもあたふたしてしまいます。

昨日は、喫茶室にたくさんのお客様が来てくださいました。昨日はおしるこがよく出る日でした。


前半こそ大丈夫だったのですが、後半になるにつれ、だんだんワタクシは慌てだした。
一生懸命やってくれているスタッフのAkinaちゃんに余計な指示を出し彼女まで慌てさせ、その後「おしることお茶のセット」と「安倍川もちとお茶のセット」をオーダーされたお客様のお茶を淹れるのをまんまと忘れ、そして最後にいらしたお客様もやはり「おしることお茶のセット」を召し上がったのですが、そのお客さまのお茶も淹れ忘れ後から持っていく、という…。

皆様、笑って許してくださいましたが、本当にこの慌てて忘れっぽくなる癖をどうにかしなくちゃいかん、と思ったワケです。
で、色々ネットで調べてみました。
慌てる癖をなおす方法でコレ!というものはあまり見あたらなかったのですが、「落ち着く方法」という風に調べると「お!」という方法が出てきました。
ちょっと、慌てている真っ最中に出来るかな〜?とは思いますが「常に鏡で自分の顔を見る」というもの。
自分の表情をチェックすることで自分を第三者になって見ることが出来てくる、とありました。

慌てているってことは平常心じゃないってことですよね。
だから鏡を見ていれば「ああ私、今ヤバいな」って顔を見てわかるかもしれません。
やってみようっと。

上手くいったら、またブログに結果報告します。


 

今日も読んで下さってありがとうございます。
大福の大阪屋 店主・大坂優子です。

先日のブログでミニサイズのチョコレートパフェを始めます!とお知らせしました。
遅れましたが抹茶小倉パフェのミニサイズも始めます。


ミニ抹茶小倉パフェ 620円 ミニサイズは普通サイズをそのまま小さくした内容です

普通サイズ(750円)はこちら!
   ↓ ↓

どういう内容なのかと言いますと以前のブログに詳しく書いてありますので良かったら見てみてください。
10月3日ブログ「抹茶小倉パフェ」

それにしてもワタクシ非常に注意力が足りない人間でございます。
普通サイズとミニサイズを比べた写真を、ミニチョコパフェのお知らせのとき載せましたが、そもそも普通サイズの大きさを当店でパフェを召し上がったことがない方はわかりませんね。


上の写真がチョコレートパフェの普通サイズとミニサイズを比べたもの。


グラスの大きさはチョコパフェも抹茶小倉パフェも同じです。











ということでワタクシ大坂とパフェを一緒に撮ってみました。

店主・大坂が同時に二つ食べようとしている図。

このくらいの大きさです。

本当にワタクシが2つ食べてしまったかどうかは、ご来店時お気軽にお尋ねください(笑)。








 

陶芸、面白そうですよね。
自分の手で器やらカップやら作りだす、ということ自体が勿論面白そうですが、やっぱりあの、ろくろを回すのを見ると「かっこいいな〜」と憧れます。

本日もありがとうございます。大福の大阪屋 大坂優子です。
はい、ワタクシ、かっこいいものに弱いです。

なぜ陶芸のことを?と言いますと、当店喫茶室のあんみつの器を、よくお客様に「コレ、いいわねえ」と言っていただけるからです。
この器、ワタクシの叔母が作ったものなんですが、その叔母というのがワタクシに大福作りを教えてくれた人。
(9月13日ブログ「どうして大福なんですか?」←良かったら読んでみてね。)
叔母に「あんみつの器、必要なんだよね」と頼み、作ってもらったものです。


叔母が「この色はね、食べ物を美味しく見せるんだよ」と言っていました。
だからお客様にも好評なんですかね。

実際にあんみつが入るとどうなるでしょうか。見てみましょう!

こちらがあんみつ(700円) こしあんか粒あんか選べます。

こちらはクリームあんみつ(850円)こちらもこしあん・粒あんがあります。

どうですか。美味しそうに見えますでしょう?
実際、美味しいんです(笑)。

と、最後はあんみつの宣伝の記事になってしまいました...。

是非、器を眺めながら、あんみつを食べてみてください!
 

今日は日曜日。3日が祝日なので連休中の方もいらっしゃいますよね。
11月3日は文化の日。
だけど文化の日って特別、文化的なことをしよう!とかいう盛り上がりって少ない気もしますよね。それより昨日のハロウィンのほうが非常に盛り上がっていたように思う。

皆様、本日もありがとうございます。
大福の大阪屋 大坂優子です。
11月3日は、ワタクシの父の誕生日なんです。
残念ながら父は長期入院中ということもありまして一緒にお祝いをすることは出来ないのですが。

父のことをご存知のお客様に、よく「お父さん、元気かい?」と聞かれますので今日は父のことについて書きます。

ワタクシの父は、まあ頑固で、男尊女卑で、旧態依然の考え方の時代錯誤な男です。そして毎日、ヘンなギャグをかましている。酒好きで若い頃はヤンチャだったようですが、それなのに真面目な人間です。
多分、非常に個性的な人間なので、父のことを好きなお客様がたくさんいらっしゃる。
「あのオーラみたいなものは、わたしには一生身につかないだろうな〜。」とこちらの顔がひきつりそうになります。

子供の頃、すごい事をよく言われた。
「勉強なんか出来なくても手に職さえつけて生きていければ、それでいいんだ」
まあ、それはわからないでもないです。ですが
「オンナは義務教育さえ受ければいいんだから、高校なんて行かなくていいんだ」

・・・・・。

まあ、そういう考えもあるかもしれません。
が、ワタクシが子供の頃と言ってもまだ30年ほど前ですので、現代社会です。
なのに、そういうことを自分の子供に平気で言っていた。
今、考えると「スゲェな・・・」と思ってしまいますが、父はさらにワタクシにこう言った。
「オマエはオンナだからな。高校には行かなくてもいいが公立高校なら行かせてやってもいいぞ。ウチはカネが無いから私立は受けてもダメだぞ。すべり止めなんて、ダメだからな!」

・・・・・。

いや〜、当時のワタクシって言ったら成績悪くて函館市内も函館近郊の高校も、全ての公立高校に「合格は無理でしょう!!」と先生に断言されていました。
ものっすごく困って顔面蒼白になり脂汗が出てきてお先真っ暗みたいな気持ちになったのを今でも覚えています。

だけど、そのとき中学2年生だったワタクシ大坂は必死で勉強しました。
おかげでなんとか公立高校に入学できました。
そして、あの時「やればできるんだ」と思えた経験が、今、大福屋をやっていく上で大きな助けのひとつになっているのかもしれないなあ、と思うのです。

今考えれば、あのハチャメチャな父の教育方法(?)が功を奏したワケで、やっぱり「スゲェな」と思うのですが、それにしても父には文化の日が誕生日ってぜんぜん合ってないなー。
いや、でもちょっと待てよ。
この父の教育方法(?)って、もしかしてある意味、非常に文化的なモノなのではないか?

子供の頃の父の発言を思い出し、そんなことを思っていました。

 


Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

Archive

Selected Entry

Link

Profile

Search

Mobile

qrcode

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM