時々、こう質問されます。
「どうして大福屋さんなんですか?」



朝、出来たばかりの草大福を撮影!

私が大福を作って売り始めたのは31歳の頃です。
若いのにケーキではなく大福?
和菓子専門店ではなく、大福?
パン屋さんで見習いしていたことがあるのに、
事務の仕事をしていたのに、家がそば屋なのに
大福?

そうなんです。大福なんです。
この大福は私の叔母から教わりました。
蘭越町に住んでいる叔母です。
彼女は蘭越町の道の駅で昔、働いていました。
勤務中、空いた時間で何か出来ないか、と思い
大福を作り、売り始めました。
本当に皆様に喜ばれたようです。昔ながらの大福だって。
私も時々、叔母から送られてくる荷物の中に入っていた
大福が大好きでした。
叔母からの荷物が届くと「あっ!大福が来たー!!」と
我先にと梱包を空けたものでした。

叔母は、祖母(叔母や私の父の母親)が家で大福や
おはぎを作っているのを手伝いながら、作り方を
覚えたそうです。
昔は皆、そんな風にして色んな事を代々、受け継いで
きたんでしょうね。

祖母の前はどうだったのかは、わかりませんが
祖母から叔母、そして私へとこの大福は受け継がれて
きました。
もちろん商品ですので、叔母もかなり研究して祖母の
大福とは少々カタチを変えています。
私も、私なりの商品にしたい、という思いでお餅の
歴史を学んだり(学んでも難しいことは、すぐ忘れて
しまうのですが)何度も作り直したりして、ほんの
少しですが叔母の大福とは違いがあると思います。

この先、娘が受け継いでくれるかなあ。
自分のやりたい職業に就いて欲しいけど、作り方だけは
覚えてくれると嬉しいなあ、などと
たった3歳の娘に
小さな期待をかけています。
 



上の写真のこたろう君は大阪屋のプレーンシフォンが
大好きでこの辺をお散歩すると一目散に当店まで駆けつけて
くれるをうです。ウチの常連さんです。

皆様、本日も読んで下さってありがとうございます。
『大福の大阪屋』店主・大坂優子です。
ワタクシは、動物には縁がなく、ワンちゃんや猫ちゃんに
会っても、どう接していいのかわからないのですが
純粋に「かわいい!」と思ってしまいます。

こたろう君、すごく可愛くて見ているとニマニマしてしまいます。
シフォンの入った袋に飛びつきながら帰っていきます。

私は赤ん坊の頃から家が飲食店で、両親は「飲食業を営んで
いる以上、動物は飼わない」という考えだったので動物には
縁がありません。
だから飼っている方たちが、とても羨ましい。

動物といえば、私が中学生くらいの時の出来事。
バス停であと5分程で来るバスを待っていると、それはそれは
可愛い子猫がやってきました。
ぽかぽかした日だったので、私の黒いスニーカーは良い具合に
暖まっていました。
そこに、その猫ちゃん、お顔と両手を載せてお昼寝してしまった
ではありませんか!

「あと少しでバス、来ちゃうのに。どうかバスが来る前にぱっと
起き上がってプイっと行っておくれ」と願っていましたが、
バスが来てしまいました。
「ごめんね、バイバイ」と言って、私はバスに乗ったわけですが
それからというもの、そのバス停で待つ度に「あの猫ちゃんに
会えないかなあ」と思ったものでした。

もちろん、もうその猫ちゃんに会うことは無かったのですが
将来、私が引退したら動物と一緒に暮らしてみたいなあ。
そんな時はやって来るかなあ、とこたろう君を見ていて
しみじみ思いました。

 

皆様、本日も読んで下さってありがとうございます。
『大福の大阪屋』店主・大坂優子です。

実は『大福の大阪屋』は木曜日、やってるんです。
ご存知の方は「なんで唐突に、そんなことを?」と
お思いでしょう。
でも、再開する3年前までは定休日が日曜日ではなく
木曜日だったんです。
今日は水曜日なので「とってもタイムリーだわ!」と
思い、書かせて頂きました。

木曜日が定休日だと覚えて下さっているお客様には、
本当にご迷惑をおかけしております。
ちなみに木曜日が定休日なのは隣の『手打ちそば処 
大阪屋 桔梗店』です。


左が大福屋で、右はそば屋です。

…まぎらわしいですねえ。

そば処と言えば、もともとワタクシの大福は昭和にあった
『そば処 大阪屋 本店』で製造販売しておりましたが
今はもう、こちらは閉店しております。
こちらはワタクシの両親が経営しておりました。

月日が流れて両親は年老いて引退し(すこぶる元気ですが…)
後継ぎの弟(隣のそば屋の店主です)もオジサンになり、
そのオジサンを見て自分だけ歳をとっていないと勘違いして
いるワタクシは「弟がこんなにオジサンということは、私
はどれだけオバサンになっちゃったの!?」と鏡で確認して
愕然とするわけです。

話の方向が大幅にズレてしまいましたが、
『大福の大阪屋』は木曜日も営業しておりますので
皆様どうぞ、お立ち寄り下さいませ。

*月に1〜2回、平日にお休みを頂く場合があります。
 HPで、その都度お知らせしております。
 どうぞよろしくお願い致します。



 

今日も読んで下さってありがとうございます。
大福の大阪屋店主・大坂優子です。

実はお店を再開してからもう3年半経ちます。
6年程前に開店してその後2011年7月頃から
約1年間、お店を休業しておりました。

新しい命がお腹に宿り、しかしながら切迫流産、
切迫早産、と営業出来ない状態が続いたからなんです。
無事、子供は産まれましたが休業中、お店に何度も
足を運んで下さいましたお客様には大変なご迷惑を
おかけしました。
最近でも「もう、やめちゃったのかと思ってたよ〜」
と来店時に言って下さる方も多くいらっしゃるので、改めて
この場でご挨拶させて頂こうと思いまして...。


6か月頃です


2012年6月に再開したのですが、事情をお話
すると、皆さん「子育て大変だけど、頑張って!」
「無理しないでね、やめないで続けてね!」と
本当に優しいお言葉をかけて頂いて、ありがたいなあ、
わたしって幸せだなあ、と本当に涙が出ました。

それから3年半、子供が熱を出したと言えば早じまいし、
入院だと言えば何日も続けてお店を休み...と
まともに営業出来ない状態も続きまして、その時もまた
お客様にご迷惑をかけたわけですが、その子供も3歳半
になり大分、落ち着いてきました。

今年の七夕のときです


ワタクシ大坂優子、これからも頑張ります。
皆様に少しでも「甘いもので得られる幸せ」をご提供
できるようコツコツとお店を続けていきたいと思って
おります。

どうぞこれからも、よろしくお願い致します。

そうなんです。開店当初からやってるんです。
喫茶室を。


落ち着いた雰囲気の店内です
     
         
         座り心地、とても良いです

長年、足を運んで下さっているお客様でも割と
気付きにくいようでして。
最近、少しお店の配置換えをして大分、喫茶室の
存在を知っていただけるようになったのですが。

甘味は勿論、コーヒー、煎茶、紅茶などのお飲み物
だけでのご利用も大歓迎です。
昼食などにピッタリのトーストセット(700円)
もございます。

絵本なども数冊ですが、置いてありますので
お子様連れの方も、どうぞご利用くださいませ。



「とっても落ち着く空間だわ〜」と
ご利用のお客様に、ご好評いただいております。

喫茶室営業時間  11:00〜17:00
     (ラストオーダー  16:30)  



 


Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>

Archive

Selected Entry

Link

Profile

Search

Mobile

qrcode

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM